オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 20日

A rolling stone gathers no mossとは言うけれど。

 昨日は娘と娘の婚約者と3人で奥深い山中へ。

 アクアリストである婚約者が8月に東京ビッグサイトで行われる「真夏のデザインフェスタ2017」に出展できることになったそうで、今回はいつもの水槽ではなくコケリウムを中心の展示に決めたとのこと。

 それにあたり展示中に会場で配る宣材用の印刷物の制作をたのまれたのだが、作品写真の他にイメージ写真も載せたほうがいいんじゃないかという自分の意見に、ほぼ無理やり連れだされたのだった。

 向かった先は彼がいつもコケを採集に行くという秩父の山中、イワナの棲む渓流の最奥部。

 綺麗な滝が流れる岩肌には美しいコケがビッシリと・・・
a0192963_14395765.jpg
a0192963_14402748.jpg
a0192963_20550292.jpeg



 撮影後は水生昆虫がハッチする美しい渓流でフライフィッシング。

 ハッチしている割にはライズが見られないのが気がかりではあったがとりあえずドライを流す。

 嫌な予感とは当たるもので「ここで出なければどこで出る?」というような場所を流すも全く反応せず、ならニンフでと沈めてみたがこちらにもアタリすらない。

 どんどん細くなる流れを遡上してみたが、そのうち木が頭上に生い茂りロッドも振れなくなったので納竿。

 自分と代わって彼が、魚影が見えたという堰堤の上からニンフを提灯釣りのように沈めてみたもののこちらも成果無しという残念な結果となった。

 それでも下界の暑さに比べると天国のような涼しさの渓流は気持ちよかった。

 自分もコケリウムをやってみようと帰り際にコケを採集したところ、帰りの道中で彼が土やら小さな水槽やらを手配してくれて、帰宅後には手際よくコケリウムを制作してくれた。

 コケを育てるのは初めてだが、しっとりとした緑のじゅうたんをただボォーッと眺めてているだけで、自然と心がなごむのがなかなかハマりそうな予感ではある。
 
 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-20 15:04 | Comments(2)
Commented by elliejane at 2017-06-22 21:24
苔・・イイですね~
山の石は転がらないので・・苔がいっぱい ♡
娘婿さまが作ったコケリウム見てみたいです
Commented by tinysketch at 2017-06-23 10:10
elliejaneさん
苔と言えば中学の修学旅行で行った京都の苔寺。
あれが初めて苔と向き合った体験でした。
確かに美しいとは思いましたが、この年になって
初めて苔を育てることになるとは思いませんでした。


<< 焼きそばの匂い。      アナログな路地。 >>