2017年 04月 13日

マイヤーズ・ラム。

 師匠のスタジオへ初めて行ったときに師匠が着ていたTシャツが、白地にこのマイヤーズ・ラムのラベルがプリントされているものだった。

 下はサスーンのGパン(懐かしい・・・)で、どちらも適度に洗いざらされていた。

 その格好で師匠はモデル撮影をしていた。

 当時大学生だった自分はほとんど下戸に近く、それゆえマイヤーズ・ラムという酒のことも全く知らなかった。

 ただ一目でなかなかお洒落なプリントだなぁとは思ったが、それがラム酒のブランドであることは随分と後になってから知った。
a0192963_12450708.jpg
 これはいつもケーキ作りに使っているマイヤーズ・ラム。

 ラベルにサインペンで書いた日付を見ると去年の2月6日に開封したものらしい。

 風味付けに多くても大さじ1~2杯とかの使用量なのでまだ1/3ほどしか空いておらず、このままでは酒自体の風味の方が先に無くなるのではないかと心配だ(笑)

 以前、炭酸で割って飲んでみたが余り旨いとは思わなかった。

 今でもこのラベルを見ると師匠の少し色あせたTシャツを想い出す。

  

[PR]

by tinysketch | 2017-04-13 12:57 | GXR | Comments(0)


<< 春だねぇ。      雨の午後のガトーショコラ。 >>