オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 18日

春キラキラ。

 「応仁の乱」という新書が大ベストセラーになっているそうだ。

 「なんで?」と不思議に思ったのだが、確かに近所の書店でも長いことベストセラーの棚の上位に置いてあるのを目にする。

 その人気にあいまってか日本史関係の書物がエンドに並んでいた。

 その中に山川出版の「詳説日本史図録」と帝国書院の「図説日本史通覧」という同じような日本史の副読本が置いてあり、立ち読みしたら欲しくなってしまった。

 ちょっと見には山川出版の方が表紙が派手でデザインも良く目立っており良さげに見えたのだが、中を読んでみたら帝国書院の方が編集が上手でわかりやすかったのでそちらを買った。

 しばらく楽しめそうだ。
a0192963_08270352.jpg
 同じ書店に「本屋大賞」の棚もあり、今年の作品がズラリと並んでいた。

 知らぬ間に市民権を得ていたという印象の「本屋大賞」なのだが、いつからあるのか調べたら2004年からだそうで、ついでに歴代のトップ10計140冊のうち何冊読んだことがあるかと思い数えてみたら6冊もあったので驚いたが、自分で買ったのは半分の3冊だけだった(笑)

 読んだものを思い返すとどれも文学作品というよりか、ただ目の前の事象を追いかける映画とかドラマの脚本、もしくは漫画を読んでいるような感覚であったように思う。

 大体が賞モノの本(芥川賞ですら・・・)というのをほとんど読まないのでエラそうなことは言えないが、どうも「本屋大賞」とはあまり相性がよくないような感じはする。
 

 

 
 

 

 


 

    

[PR]

by tinysketch | 2017-04-18 09:04 | Comments(0)


<< stand。      春パノ。 >>