オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:D610( 7 )


2017年 07月 11日

丸子橋は宙を舞った。

 結局録画しておいた「シンゴジラ」を最後まで観たが、第一印象が正しかったことが証明されただけだった。

 大体怪獣映画なのに怪獣よりも日米関係のワチャワチャなどに多く尺を使って、あれを見せられた子供は楽しめるんだろうかと思った。

 特に映画の前半はゴジラ対策のための政府内の事務方の折衝ぶりなどを延々と見せられるのだが、まずここで嫌になった。

 いやぁ分かるよ。いったん事が起きれば諸外国(特にアメリカ)との折衝などが、責任の所在もあやふやのまま面倒な手順を踏んで行われることは・・・先の福島原発の事故の際にもそうだったわけだから。

 でもドキュメンタリーじゃないんだから、あれだけ尺を使ってダラダラ説明する必要があったのだろうか。ホントこの部分は半分寝ながら観てた(マジで・・・)
a0192963_09074481.jpg
 写真はゴールデンウィークに久々に行った多摩川浅間神社の舞台だが、映画の中でこの舞台に対ゴジラの前線基地が置かれていたのには驚いた。

 あの映画での唯一の収穫と言えば収穫ではあった。

 河川敷から浅間神社そして多摩川台公園にかけては、下校時にウチの高校のカップルがそぞろ歩くコースであった。

 なんといっても平日はほとんど人目がないので(笑)

 写真奥の丸子橋はゴジラによって壊され、橋の半分くらいが宙を舞って多摩川に叩き落されていた。

 河川敷には無数の戦車が並んで(多分ウチの高校のグランドあたり・・・)川崎側のゴジラに対して集中砲火を浴びせていたが、あれだけの重火器の攻撃で周りのビルなどに全く被害が無いのもおかしな話だよなぁ。(あとゴジラが江の島のあたりから稲村ケ崎に上陸するのだが、あのデカい図体でバシャバシャ波をかきわけて海中を進んでいるのに、湖面のように不自然なまでに静かな海面というのもどうなんだろう。東日本のことがあったから自粛したのかもしれないが、そういうことにおもねってしまったら文化としての映画の意味は全く無くなると思う)

 登場人物の人となりが深く描かれていたわけでもなく、一体何を訴えたかったのかが皆目見当のつかない映画であった。

 映画館で観なくてホントよかった。

 でももっと驚いたのはネットでは結構この映画の評判がいいということで、ある映画館では上映後拍手がおきたとの話もあり心底驚いた。

 

[PR]

by tinysketch | 2017-07-11 12:00 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 28日

夏草。

 仕事の荷物を送るのに最近よく目にする格安宅配便というのを使ってみた。

 ネットで注文とクレジットカードでの支払いを済ませれば、自宅まで取りに来てくれて(取りに来てくれたのは大手の宅配便のドライバーだったので驚いたが・・・)
配達も翌日にしてくれる。

 おまけに値段は大手の30%以上安い。

 送った相手からも問題なく着いたとの連絡があり、そのコスパの良さに驚く。

 不思議なのは取りに来てくれた本家本元の大手宅配便で、自社よりも30%以上安い荷物を運んで何処からどういう風に利益配分されて双方潤うのか・・・

 まったくこの世は不思議なことだらけだ。
a0192963_08340748.jpg
 今日は朝から雨。

 久々に梅雨らしいといえば梅雨らしい鬱陶しさである。


[PR]

by tinysketch | 2017-06-28 08:36 | D610 | Comments(2)
2017年 06月 23日

wabi-sabi。

 elliejaneさんのリクエストにお応えして(笑)

 娘婿(まだなんですけどね・・・)が作ったコケリウムを少し。

 先日の秩父行の帰りに彼と娘が住む家へ行って撮影したものです。

 8月のビッグサイトではこんな感じのコケリウムの作品を展示販売するそうです。

 自分のはまだお見せできるほどに綺麗に育っていないのでそれはまた別の機会に・・・
a0192963_12395326.jpg
 生意気にブログなんぞもやっているようなので、もしよろしければお目汚しとは存じますがこの機会に・・・

 素人写真なので決して綺麗とは言えない写真ばかりで(写真だけは綺麗なものを載せた方がいいとは言ってあるのですが・・・)

 ホームページの方は自分が作りましたが、大量に送られてきた写真をそこそこ綺麗に処理したのでまだ見られるとは思います。

 合わせてご高覧いただければ幸甚であります。

 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-23 12:00 | D610 | Comments(2)
2017年 06月 17日

アナログな路地。

 撮影済みのフィルムがたまる一方であるが・・・

 このいい加減さもアナログの愛すべき点であるのを感じる梅雨の晴れ間ではある。

 素晴らしいことに人間がわれとわが身を動かさないと何ひとつ先に進まないのだ。

 システムに使われてしまうデジタルとは大違いなのである。

 若者の間でカセットテープが人気らしい。

 面白いことに幼少期よりデジタルに馴染んだ彼らの探求心のベクトルは常にオッサンとは対をなしているようだ。

 生まれた時から身の回りにデジタルがあふれている彼らと、その黎明期に降って湧いたようにデジタルの前に放り出され、それ以来台風の風雨にさらされるがごとく常に七転八倒してきた我らとではそのありがたみは全く違う。

 今でも思い出すが自分が初めてデジタル一眼を導入した当時は、デジタルに関して誰もロクな知識を持ち合わせず、当の商品を扱っていた側の人間もほとんど素人にウブ毛が生えた程度に過ぎなかったので、不明な点の問い合わせ先もわからず、またこれが肝心だが、一体自分は何を問い合わせていいのかさえわからず途方に暮れるような有様だった。

 闇夜に迷子になったごとくそれはそれは心細かったのだった。

 であるから新製品のデジタルモノに目の色を変え常にそれを追い求めるオッサンたちと、デジタルは生まれた時にただ存在していた道具の一つと捉える若者たちとはおのずと違った道を歩むことになるわけだろう。
a0192963_16152237.jpg
 男というのは大体が道具が好きなのであるが、そんな男である自分も最近はデジタルの新製品に関しては食傷気味である。

 撮影済みのフィルムの現像上がりほど心躍らないのである。

 アナログの世界ってなんでウキウキするんだろうか?
 


[PR]

by tinysketch | 2017-06-17 17:29 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 07日

ねじ式。

 つげ義春の漫画を知ったのは高校1年の頃だった。

 美術部に在籍していた友人Tがつげ義春に傾倒していて、題名は忘れたが彼が貸してくれた本に「ねじ式」が入っていたのだった。

 当時「ガロ」は知っていたが毎号読むような熱心な読者ではなく、漫画といえば小学生以来マガジンやサンデー、ジャンプが愛読書だった自分には漫画にもこういう世界があるということが単純にショックであった。

 それ以来意識してつげ義春という漫画家を読むようになったのだが、それとてファンとよべるような情熱をかたむけたものではなく会話のネタ程度のものとしてだった。
a0192963_11124425.jpg
 なんでこんな話をしたかというと久しぶりに「ねじ式」が読みたくなって本棚を探したらなかったからで、どうやらいつかの引っ越しの際に断捨離してしまったようだ。

 まぁこの程度の読者だったわけである(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-07 12:00 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 02日

見られるうちが花。

 変な天気。

 午前中はいい天気だったのに、昼を過ぎたあたりから黒い雲が湧き出してきて強く冷たい風が吹き始めた。

 窓から空を見ていたら雲が一刻一刻と形を変え、時にはエイリアンの触手のようなものがあちこちから下へ向けて伸びていく。

 「すわっ!竜巻か?」と動画を撮るべくデジ一を構えたが当然のように何も起こらなかった。

 そうそう特ダネは撮れるもんではない(笑)
a0192963_14124107.jpg

 だいぶ前に撮った花。

 息子の結婚式でもらったもの。

 花はとうに醜く無残に枯れてしまったが、光でとらえられた花は永遠に近く残る。

 写真の本質がここにある。 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-02 14:15 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 01日

猫のケーキ。

 jh8fhtさんのところでノラ・ジョーンズのことを書いておられるのを読んで、さっそく聴きたくなったので今朝は彼女の歌で・・・

 曇り空に彼女の声が融けていくようだ。

 うらやましいことにjh8fhtさん、彼女のコンサートに行かれたそうである。

 アン・ハサウェイに似た美人の彼女は声もまた素晴らしい。まぁ目元なんかは時として父親そっくりで、それが玉にきずではあるが(笑)

 全く関係ないが、マーブル柄の猫が好きである。

 そしてまたそれとは全く関係ないが、5月最後の昨日はマーブルシフォンを焼いた。
a0192963_10133931.jpg
 5月は本当にたくさんのケーキを焼いた。

 手始めはゴールデンウィークに家人の実家に手土産に持って行ったチーズケーキだった(さらに滞在中にシフォンケーキ好きの義母のためにプレーンとマーブルの2つを焼いた)

 それ以来思いつくままに書き出してみると、ココアロールケーキ、ガトーショコラ、紅茶シフォン、ココアシフォン、マーブルシフォン、マジックケーキ、スイートポテトケーキなどなど・・・

 昨日も画像処理の前に早朝から(8時には焼き終わっていた)コーヒーマーブルシフォンを焼いたのだった。

 さてそろそろ本業に戻りますか・・・

[PR]

by tinysketch | 2017-06-01 10:23 | D610 | Comments(2)