オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:D610( 29 )


2017年 06月 23日

wabi-sabi。

 elliejaneさんのリクエストにお応えして(笑)

 娘婿(まだなんですけどね・・・)が作ったコケリウムを少し。

 先日の秩父行の帰りに彼と娘が住む家へ行って撮影したものです。

 8月のビッグサイトではこんな感じのコケリウムの作品を展示販売するそうです。

 自分のはまだお見せできるほどに綺麗に育っていないのでそれはまた別の機会に・・・
a0192963_12395326.jpg
 生意気にブログなんぞもやっているようなので、もしよろしければお目汚しとは存じますがこの機会に・・・

 素人写真なので決して綺麗とは言えない写真ばかりで(写真だけは綺麗なものを載せた方がいいとは言ってあるのですが・・・)

 ホームページの方は自分が作りましたが、大量に送られてきた写真をそこそこ綺麗に処理したのでまだ見られるとは思います。

 合わせてご高覧いただければ幸甚であります。

 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-23 12:00 | D610 | Comments(2)
2017年 06月 17日

アナログな路地。

 撮影済みのフィルムがたまる一方であるが・・・

 このいい加減さもアナログの愛すべき点であるのを感じる梅雨の晴れ間ではある。

 素晴らしいことに人間がわれとわが身を動かさないと何ひとつ先に進まないのだ。

 システムに使われてしまうデジタルとは大違いなのである。

 若者の間でカセットテープが人気らしい。

 面白いことに幼少期よりデジタルに馴染んだ彼らの探求心のベクトルは常にオッサンとは対をなしているようだ。

 生まれた時から身の回りにデジタルがあふれている彼らと、その黎明期に降って湧いたようにデジタルの前に放り出され、それ以来台風の風雨にさらされるがごとく常に七転八倒してきた我らとではそのありがたみは全く違う。

 今でも思い出すが自分が初めてデジタル一眼を導入した当時は、デジタルに関して誰もロクな知識を持ち合わせず、当の商品を扱っていた側の人間もほとんど素人にウブ毛が生えた程度に過ぎなかったので、不明な点の問い合わせ先もわからず、またこれが肝心だが、一体自分は何を問い合わせていいのかさえわからず途方に暮れるような有様だった。

 闇夜に迷子になったごとくそれはそれは心細かったのだった。

 であるから新製品のデジタルモノに目の色を変え常にそれを追い求めるオッサンたちと、デジタルは生まれた時にただ存在していた道具の一つと捉える若者たちとはおのずと違った道を歩むことになるわけだろう。
a0192963_16152237.jpg
 男というのは大体が道具が好きなのであるが、そんな男である自分も最近はデジタルの新製品に関しては食傷気味である。

 撮影済みのフィルムの現像上がりほど心躍らないのである。

 アナログの世界ってなんでウキウキするんだろうか?
 


[PR]

by tinysketch | 2017-06-17 17:29 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 07日

ねじ式。

 つげ義春の漫画を知ったのは高校1年の頃だった。

 美術部に在籍していた友人Tがつげ義春に傾倒していて、題名は忘れたが彼が貸してくれた本に「ねじ式」が入っていたのだった。

 当時「ガロ」は知っていたが毎号読むような熱心な読者ではなく、漫画といえば小学生以来マガジンやサンデー、ジャンプが愛読書だった自分には漫画にもこういう世界があるということが単純にショックであった。

 それ以来意識してつげ義春という漫画家を読むようになったのだが、それとてファンとよべるような情熱をかたむけたものではなく会話のネタ程度のものとしてだった。
a0192963_11124425.jpg
 なんでこんな話をしたかというと久しぶりに「ねじ式」が読みたくなって本棚を探したらなかったからで、どうやらいつかの引っ越しの際に断捨離してしまったようだ。

 まぁこの程度の読者だったわけである(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-07 12:00 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 02日

見られるうちが花。

 変な天気。

 午前中はいい天気だったのに、昼を過ぎたあたりから黒い雲が湧き出してきて強く冷たい風が吹き始めた。

 窓から空を見ていたら雲が一刻一刻と形を変え、時にはエイリアンの触手のようなものがあちこちから下へ向けて伸びていく。

 「すわっ!竜巻か?」と動画を撮るべくデジ一を構えたが当然のように何も起こらなかった。

 そうそう特ダネは撮れるもんではない(笑)
a0192963_14124107.jpg

 だいぶ前に撮った花。

 息子の結婚式でもらったもの。

 花はとうに醜く無残に枯れてしまったが、光でとらえられた花は永遠に近く残る。

 写真の本質がここにある。 

[PR]

by tinysketch | 2017-06-02 14:15 | D610 | Comments(0)
2017年 06月 01日

猫のケーキ。

 jh8fhtさんのところでノラ・ジョーンズのことを書いておられるのを読んで、さっそく聴きたくなったので今朝は彼女の歌で・・・

 曇り空に彼女の声が融けていくようだ。

 うらやましいことにjh8fhtさん、彼女のコンサートに行かれたそうである。

 アン・ハサウェイに似た美人の彼女は声もまた素晴らしい。まぁ目元なんかは時として父親そっくりで、それが玉にきずではあるが(笑)

 全く関係ないが、マーブル柄の猫が好きである。

 そしてまたそれとは全く関係ないが、5月最後の昨日はマーブルシフォンを焼いた。
a0192963_10133931.jpg
 5月は本当にたくさんのケーキを焼いた。

 手始めはゴールデンウィークに家人の実家に手土産に持って行ったチーズケーキだった(さらに滞在中にシフォンケーキ好きの義母のためにプレーンとマーブルの2つを焼いた)

 それ以来思いつくままに書き出してみると、ココアロールケーキ、ガトーショコラ、紅茶シフォン、ココアシフォン、マーブルシフォン、マジックケーキ、スイートポテトケーキなどなど・・・

 昨日も画像処理の前に早朝から(8時には焼き終わっていた)コーヒーマーブルシフォンを焼いたのだった。

 さてそろそろ本業に戻りますか・・・

[PR]

by tinysketch | 2017-06-01 10:23 | D610 | Comments(2)
2017年 05月 31日

ぽっかり。

 日曜日に家人が「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を借りてきた。

 公開時に気にはなっていたものの結局観なかったのだが観なくて正解だった。

 このあとまだ続きが制作されるそうで、これは新しいシリーズの第1作ということだそうだ。

 敵役がジョニー・デップというのが最後に露見して、次回作に期待をもたせるような終わり方をしていたが
まぁ確かに次回作の方がこれよりも面白くはなりそうだとは思う。

 しかしシリーズ物に出る役者ってかなりの覚悟が必要だろう。

 寅さんのようにどっちが本人なんだかわからなくなってしまうほどに、それこそ人生をかけて演じ切ってしまえば
文句のつけようもないが・・・

 前作のヒットに気をよくして柳の下を狙い、結局引くに引けなくなってしまったような例はテレビなどではよく見かける。
a0192963_09121662.jpg
 しかしよくよく考えると男性よりは女性の方が切り替え方は上手いように思える。

 どんなにシリーズものでイメージがついても女性は上手にそれを振り切って次へ進めるようだ。

 男性ばかりが何故か作り上げられたイメージにがんじがらめにされてしまっているように感じるのは気のせいなのだろうか?

 昔の恋人に対する男女の感傷の度合いの違いから見ても気のせいとばかりは言えないような・・・

 別に自分がそうだというわけではないが(笑)

 
 

 
 

  

[PR]

by tinysketch | 2017-05-31 09:19 | D610 | Comments(4)
2017年 05月 30日

真夏の予感。

 「毎日あづいですねぇ・・・」という挨拶がこのまま日常となる予感がしてならないが。

 5月も残すところあと1日。6月に入ったらフルスロットルで加速するのみの夏ではある(その前に梅雨があるが・・・)

 じめじめとした梅雨があっていきなり大きな雷鳴がとどろいて、いよいよ夏本番になるという日本の正しい夏が好きなのではある。

 四季折々の風物詩というのはありがたいものであるのは間違いない。

 若いころあまり意識しなかったが年をとるにつれて秋や冬よりも夏の方が好きになった。

 人生半分以上過ぎて枯れるのは我が身だけで十分だからだろうか?

 暑い方が生きている感じがしていい。
a0192963_08443982.jpg
 相変わらずヴァンヘイレンを聴き続けている。

 なぜか飽きない。

 まぁその合間にUFOとかに浮気はしたが・・・

 UFOもいまだに演ってるんだよなぁ。

 70のジジイが真面目にロック演ってるんだもんなぁ。エライよなぁ(笑)

 こっちも真面目に一生ロック聴き続けないとなぁ・・・

 

 

 

[PR]

by tinysketch | 2017-05-30 08:51 | D610 | Comments(0)
2017年 05月 29日

うつろう。

 今年は猛暑らしい。

 そして今週は暑い日が続くのだと。

 それでも窓から吹き込む風は気持ちいい。

 こんな気持ちのいい日に朝からニュースではミサイルの話。

 しかしよくよく考えてみると自ら名乗っているG7ってのは失礼な話だよな。

 選ばれていないその他大勢からすると・・・
a0192963_12145337.jpg

 村八分感半端ないと思うわ、単純な話・・・

[PR]

by tinysketch | 2017-05-29 12:18 | D610 | Comments(0)
2017年 05月 25日

神域。

 朝から鬱陶しいべた付いた雨。

 スッキリするにはドライブ感のある音をと、今朝はヴァン・ヘイレン。

 何にも考えず聴いているとだんだんと覚醒してくる感じがいい。

 テロが相次いでいる。最近は人ごみも恐ろしい。

 若い人は知らないだろうが、日本だって東京のど真ん中で爆弾が破裂していたことがある。

 自分が中学生の頃だから、まぁついこの間のようなものだ。

 他の馬鹿どもに連鎖しないことを願うのみであるが、正論をふりかざしても鏡の向こうからみれば真反対に見える事にも気づいた方がいい。
a0192963_09232038.jpg
 人の数だけ神様はいるのである。

 

 

 

 

 

 

[PR]

by tinysketch | 2017-05-25 09:29 | D610 | Comments(0)
2017年 05月 19日

揺れる木漏れ日薫る桜坂。

 「愛は今も愛のままで~」ですか。

 そういう時期はもうすっかり通り過ぎた感じの自分ではありますが・・・

 歌い手も吐いた唾が一生残ってしまう生業だから大変だなぁ。

 福山君も色男でい続けるのは大変だとは思いますが頑張ってください。
a0192963_11350983.jpg
a0192963_11352383.jpg
a0192963_11353748.jpg
 この坂を沼部駅の方に下ると復元された六郷用水沿いの散策路が丸子橋まで続いている。

 流れには錦鯉も泳いでおりとても都内とは思えない静かさで散歩するには最適だった。

 自分たちが高校の頃はこんな散策路無かったなぁと調べてみると、昭和63年に用水が復元されたとのこと。

 やっぱり東京の自然環境はいちじるしく改善されているよなぁ。

 

 

[PR]

by tinysketch | 2017-05-19 12:00 | D610 | Comments(0)