オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 04日

台風だって。

 このところロールケーキばかり焼いている。

 このひと月で5本ほど焼いただろうか。

 暑い季節に焼き時間が短いロールケーキは非常にありがたい。

 夏場にケーキを焼くときはオーブンのてっぺんに向けて扇風機を回す。

 7月の頭などでエアコンなんか付けたくないので、その場しのぎではあるが籠る熱の放散には役に立つのだ。

 先週末はモカロールを焼いた。

 生クリームにコーヒーときび糖と練乳を混ぜたので、苦さの中にもコクのあるモカクリームが出来上がった。

 このケーキ、焼いたとたんに娘と婚約者が来たのでみんなで食べたらあっという間に無くなってしまった。
a0192963_15565981.jpg
 今日は朝からデザイナーとなって娘の婚約者注文の三つ折パンフの制作をする。

 実は昔からPhotoshopよりもIllustratorの方が好きだ。いじっていて楽しいのである。

 グラフィックデザイナーになった方が良かったかな(笑)

 イラストは描けないけど・・・

 でもパソコンで育った今のデザイナーって結構絵心のない人多い。簡単なカット画も描けない人いるもんなぁ。

 昔のデザイナーはカンプも手書きだったから皆さん絵が上手だった。

 自分のような素人でもソフトを使えば簡単に印刷原稿ができるし(それなりの知識は当然必要だが)印刷も安いネットプリントが当たり前になったので、巷の印刷屋さんも大変だろうなぁ。折込までやってくれたりするし。

 でもネットプリントって気をつけて業者を選ばないと、自社のテンプレートでの制作のみだとか結構制約のある印刷屋もあるので要注意ではある。

 

 

 
 

 

 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2017-07-04 16:24 | GRD3 | Comments(0)
2017年 07月 03日

うんざりする。

 なんだ35°とか36°とかって・・・

 体温の話じゃないよな?

 いやはや今年の関東は間違いなく空梅雨だな。

 そのうちダムの貯水量がどうのこうのなんて話題が出てくるに違いないと確信する。
a0192963_18345800.jpg
 それにしても今の政治家って(今に始まったことじゃないんだろうけど・・・)頭悪いよなぁ・・と感じた今年上半期ではある。

 知能程度もさることながら情緒関係もどうもねぇ・・・一国の総理大臣が大衆に言う事かねぇ?なんて場面もあったらしいし(笑)

 大丈夫かよ、この国は。

 まわりがチヤホヤするのは別にあんた達に人望があるわけじゃないですから~残念っ!!

 ここで勘違いするかしないかで人間の懐の大きさがわかるってもんで・・・

 本人のキャパよりもはるかに大きい力を得てしまうとどんな人間でもある程度はうわずっちゃうんだろうね。

 「気〇いに刃物」とはよく言ったもんだ。

 くわばらくわばら。触らぬ神に祟りなしである。

[PR]

# by tinysketch | 2017-07-03 18:51 | D7000 | Comments(0)
2017年 07月 01日

ガードレール。

 バニラエアで搭乗拒否された人が一度は世間の同情を集めたにもかかわらず、今では反対に猛バッシングを受けている。

 なんだかなぁ。

 あのニュースを観た時にみんな一度は航空会社の対応がおかしいって思ったはずなのに(だからこそニュースになっているんであって・・・)

 当事者が「バリアフリー研究所」の主宰だったから?

 今までも各地の空港で同じような事をしているから?

 確信犯的なその振る舞いに「だまされた」気がするんだろうか?

 障がい者は世の中の片隅で小さくなっていろということなんだろうか?

 世間一般があのニュースを観た時に「こんなことはおかしい」と思ったのはなぜだろう?

 這いずってタラップを上る当事者を空港関係者はただ傍観していたということや、そもそも最初から車いすの客は搭乗させる気が無かった航空会社のあり様に義憤を覚えたからなのではないだろうか?

 そもそも今度の事が無ければ、車いすの人がこういった扱いを受けている事すら意識することもなく世の大半の人はこれからも生活していくところだったんだろうし。
a0192963_13000051.jpg
 JRの駅なんかでは、駅員が車いすを担いでホームへの階段を上り下りしているのはよく見かけた(最近はエレベーターが設置された駅が多いおかけで見ることもなくなったが・・・)

 大きな駅だとあの階段は飛行機のタラップよりも段数があるように思えるのだが。

 あれ石だから頭打ったらタラップの比ではないような気もするし・・・

 電車などで当然受けられるサービスを飛行機だから受けられないということは当然あると思う。飛行中であればね・・・

 でもグランドスタッフだっているであろう地上でたかが飛行機に乗るのに細かい規則も無いと思う。

 とにかく今回のこともそうだが、自分の第一印象をもっと信じて自分の頭でしっかり考えた方ががよいのではないだろうか?

 

 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2017-07-01 13:11 | GXR | Comments(0)
2017年 06月 29日

昭和。

 「ベストシネマUSA」で小林克也氏が選んだベスト3は「アメリカン・グラフィティ」「ゴッドファーザー」そして「モダン・タイムス」だった。

 まぁまぁ氏の世代としては順当といったところなんだろうか。

 アメリカ映画に限られてしまっているので選択肢が狭いのだが、昭和はハリウッドがまだ華やかしころでアメリカ映画がほぼ独走状態だった。

 「モダン・タイムス」は中学の頃、確かルイ・ド・フィネスの「大沈没」との2本立てで観た記憶がある。

 子供心にはフランス映画のバカバカしい笑いの方が面白かったのを想い出す(今は断然モダン・タイムスの方が面白いと思うけど・・・)

 6位だったかに入っていた「卒業」もあの当時の定番。

 銀座あたりの映画館で観たような覚えがあるが記憶違いかもしれない(笑)

 あの映画の中で、ベンがアルファロメオを駆ってエレーンの大学に行くシーンでは、BGM(スカボローフェア)と映像の美しさの合わせ技で、やはり中学生だった自分はコロッと参ってしまったものだ。

 そのすぐ次の場面。大学前の広場でエレーンが出てくるのをベンが待っているシーンもまた良くて、今でいうタイムラプスのように周りの世界だけは時計が進んでいるのに、その中で彫像のように動かずにいるベンによって時の流れを描くという印象的なシーンだった。
a0192963_17493291.jpg
 「卒業」は単行本で出ていたチャールズ・ウェッブ作の原作本を買って何回も読み直すくらい好きだった。

 もっとも本の方が先で後から映画を観たのだが、自分にとっては原作とほとんど印象が変わらない珍しい映画だった。

 ほんといい映画をもっと観たいもんだ。

 

[PR]

# by tinysketch | 2017-06-29 17:59 | Comments(0)
2017年 06月 28日

夏草。

 仕事の荷物を送るのに最近よく目にする格安宅配便というのを使ってみた。

 ネットで注文とクレジットカードでの支払いを済ませれば、自宅まで取りに来てくれて(取りに来てくれたのは大手の宅配便のドライバーだったので驚いたが・・・)
配達も翌日にしてくれる。

 おまけに値段は大手の30%以上安い。

 送った相手からも問題なく着いたとの連絡があり、そのコスパの良さに驚く。

 不思議なのは取りに来てくれた本家本元の大手宅配便で、自社よりも30%以上安い荷物を運んで何処からどういう風に利益配分されて双方潤うのか・・・

 まったくこの世は不思議なことだらけだ。
a0192963_08340748.jpg
 今日は朝から雨。

 久々に梅雨らしいといえば梅雨らしい鬱陶しさである。


[PR]

# by tinysketch | 2017-06-28 08:36 | D610 | Comments(2)
2017年 06月 26日

巡礼の足音。

a0192963_12104996.jpg
a0192963_12095356.jpg
a0192963_12094285.jpg
a0192963_12111047.jpg
a0192963_12092832.jpg
 

[PR]

# by tinysketch | 2017-06-26 12:12 | D7000 | Comments(0)
2017年 06月 25日

閂。

 今日はNHKで20年以上前に放送された沢田教一氏のドキュメントの再放送をやっていた。

 彼が1970年にカンボジアで亡くなってすでに47年の時が流れた。

 当時小学生だった自分は無論彼のことは知らなかったし、ニュースで流れたはずの彼の訃報も覚えていない。

 1970年と言えば大阪で万国博覧会が開催され、ビートルズが解散し、三島由紀夫が自決した年でもある。

 思えばもうはるか昔のことだ。

 彼を意識しだしたのはハタチ前後だったかと思う。
a0192963_17060099.jpg
 最初の邂逅はやはりピュリッツァー賞をとった例のベトナムの写真だった。

 あの写真を初めて見た時、川の中を逃げ惑う家族の必死さももちろん伝わってはきたが、何より印象的だったのはレンズを見つめる男の子のなんとも複雑な心情を宿した視線であった。
 
 あの時あの男の子は何を感じていたんだろうかとそのあとずっと気にかかった。

 今日久々にあの写真に触れててやはり同じことを思った。

 鍵をかけて置いてあったものが吹き出てきた感じであった。

 力のある写真ってのはいつでも見る者に何かを問うし、またそれゆえ風化しないもんだ・・・

[PR]

# by tinysketch | 2017-06-25 17:21 | D7000 | Comments(2)
2017年 06月 24日

アナログ遊び。

 デジタルでなんでもできる今時だからこその面白さ。

 あえてデジタルでアナログ遊び。

 フィルム時代、フィルターにはさんざんお世話になった。というかこれがないと仕事にならなかった。

 コダックとフジが2大巨頭であったが、高くて傷つきやすい(折れやすい)コダックに比べてフジは安くて折れに強かった。

 当然フジを使う事の方が多かった。

 手前にある「Need」の自作フィルター用のマウントにもよくお世話になった。

 家人の伝線したストッキングをもらってソフトフィルターを作ったりした。
a0192963_14041161.jpg
 今はRAWで撮影してLightroomなんかで現像すればほとんど無限に加工できる時代である。

 一発勝負だった写真が違うものに変わった。

 「デジカメWatch」にアラーキーのインタビューが出ていた。

 曰く「デジタルで撮れるものは写真じゃない。別の名前を考えないといけない」

 確かにそうなんだろう。

 一期一会の覚悟の重さもデジタルで随分と変わった・・・

 



[PR]

# by tinysketch | 2017-06-24 14:11 | GXR | Comments(0)
2017年 06月 23日

wabi-sabi。

 elliejaneさんのリクエストにお応えして(笑)

 娘婿(まだなんですけどね・・・)が作ったコケリウムを少し。

 先日の秩父行の帰りに彼と娘が住む家へ行って撮影したものです。

 8月のビッグサイトではこんな感じのコケリウムの作品を展示販売するそうです。

 自分のはまだお見せできるほどに綺麗に育っていないのでそれはまた別の機会に・・・
a0192963_12395326.jpg
 生意気にブログなんぞもやっているようなので、もしよろしければお目汚しとは存じますがこの機会に・・・

 素人写真なので決して綺麗とは言えない写真ばかりで(写真だけは綺麗なものを載せた方がいいとは言ってあるのですが・・・)

 ホームページの方は自分が作りましたが、大量に送られてきた写真をそこそこ綺麗に処理したのでまだ見られるとは思います。

 合わせてご高覧いただければ幸甚であります。

 

[PR]

# by tinysketch | 2017-06-23 12:00 | D610 | Comments(2)
2017年 06月 22日

梅雨っぽい。

 昨日は久々に梅雨らしい空模様。

 今日は暑くなるそうだが、朝のうちはまだ風が涼しくてて気持ちがよい。

 最近の日本語の乱れは嘆かわしい限りであるが、もっと嘆かわしいのが少しずつこちらの方(日本のわびさびが分かっていると思っているこちら側ということ・・・)が慣らされてしまっていることではないかと思う。

 ところが最近テレビを観ていて気付いて面白いなと思ったことがあって、それは何かというと、ニュースの街頭インタビューなどで若者に質問をするようなコーナーなどはよく目にすることと思うが、グルメに関しての質問などで若者の返しが「あの店の料理は絶品(この絶品って言い回しももういい加減飽きたが・・・)で非常においしく食べれます」なんて言葉だったときに、画面下部に出るテロップだけはちゃんと「食べられます」と直されている事である。

 これを観たのは一度や二度ではないのでおそらく各局の決め事となっているのだと思われるが、もうすっかり世間に認知されたと思っていた「ら」抜き言葉にテレビ界が静かな抵抗を試みているんだと思うと、あっぱれ大したもんだと思うよりもなんだか遠慮がちの大人が滑稽に思えてきてしまう。

 そんなことして何になるんだろう?インタビューを受けた当の本人が観ても気づくかどうか・・・

a0192963_10172180.jpg
 だったら番組内でタレントやアナウンサー(これが笑える・・・)にちゃんとした日本語を使わせろよ!と思うのだが・・・

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2017-06-22 12:00 | D7000 | Comments(0)