オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 19日

あんにん?きょうにん?

 自分の父親は結構な頻度で「きょうにんどうふ」と言っていたが(「きょうにんどうふ?あんにんどうふ?あれ美味しいよね」という使い方も多かった・・・)正解はどちらでもいいらしい。

 以前からこのブログで良く出てくるお花の先生がらみの撮影で、先週末は義母の家に泊めてもらった(ロケ地が義母の家のすぐ近所のため)

 今回荷物を減らそうとストロボ用の外付けの電池パック(単3電池6本用)は持って行かずに、その分単3のエネループを4本だけ余分に持っただけだったのだが、昼過ぎから5時近くまでほぼストロボ入りで撮影したにもかかわらず結局電池を交換することもなく、またチャージ時間のストレスも感じることもなく撮影できた。

 電池の性能やストロボ自体の効率も昔に比べれば格段に良くなっていて、やはり技術の進歩は素晴らしいとはまさにこういう時に感じる事ではある。

 それに比べればつい先日発売されたGRの後継機のAFは全く進歩していないらしく、さっそく購入した方のブログに「ポンコツと言っていいレベル」だと書いてあったのに笑った。

 2015年発売のコンデジ、それもエントリー機に負けていると・・・

 リコーはこの辺りは全く改良する気はないようだね。

 以前田中長徳の本に「リコーのようなメーカーには我々ユーザーはあれこれ細かい文句は言ってはダメだ」というようなことが書いてあり、「そりゃあんたはタダでカメラ支給してもらって、こんな関連本の執筆まで任されているんだから口が裂けても言えんだろうけど、身銭切って購入している一般人はそうはいかんだろ!」と一人義憤に駆られていたのを想い出した。

 まぁここでの投稿も相変わらずGRD3で撮影しているし、GRに関しては初号機から買ったこともなく、また今回も買うつもりはないので自分には関係のない話ではあるが、電話もメールも出来ないんだからもう少し安くしてもいいんじゃない?アイフォンの方がどう考えても優秀だろうに・・・とは思ったりする。
a0192963_13090611.jpg
 
 義母の家へ行くと連れて行ってもらう中華料理の店があって今回も行った。

 池上線の洗足池駅のすぐ近くの間口一間ほどのその小さな店で供される料理はどれも素晴らしく、自分はデザートで出てくる杏仁豆腐の美味しさに毎回感動していた。

 そしていつか作ってみようと思いつつそのままになっていたのだが、冷蔵庫の中にあと数日で賞味期限の切れる生クリームがあったので今回作ってみた。

 さてさてお味の方はどうでしょう・・・ 

 


# by tinysketch | 2019-03-19 13:07 | Comments(0)
2019年 03月 18日

ひこうき雲。

 ここから見える風景の中に友人の家が何件もあったはずなんだけどそれも昔のはなし。

 そびえたつビルやマンションに追いやられてその姿は消えてしまった。

 そう言えば正面の高いマンションの後ろ辺りがイマジカか・・・

 今ではそこに行く用も無くなってしまった。

 石を投げれば当たるがごとくに街中を走っていたラボの営業車もほとんど目にすることもない。

 居ながらにしてリターンキーをポンと押せば事足りる世の中だものねぇ。

 ほんの少し前まではあれだけ人間同士の関係って濃密だったのに・・・
a0192963_15012781.jpg
 コンクリの壁だけが濃密になってゆく・・・

 
   追伸:目を皿のようにするとタイトルの意味が見えます(笑)

 


# by tinysketch | 2019-03-18 15:05 | Comments(0)
2019年 03月 10日

ウグイスの鳴いた朝。

 今朝早く今年初めてウグイスが鳴いた。

 例年だとおぼつかない鳴き方の若鳥の声が春の始まりを告げるのであるが、今年のやつは最初から達者な鳴き方で「おっ!やるじゃないか・・・」と思った反面、あの中途半端な可愛い鳴き方が聴けないのが少し残念な気もした。

 桜の開花予想も出たし、街路樹の木々が芽吹いているのを見ればもうすでに春である。

 梅もそろそろ終わりの頃である。

 昨夜の「SONGS」はかねてより楽しみにしていたBIGINだった。

 相変わらずのハーモニーであったがボーカルの比嘉栄昇の声はやはり往年の伸びの良さは無く年相応に枯れた感じで、まぁでもまたそれも良きかなとは思った。

 プレーヤーと違ってボーカルは一番年齢の影響を受けるので、それをどうやってうまく胡麻化していくかもその力量のウチではある。

 でも彼らが国内でも一流であることには変わりはない。
a0192963_16211043.jpg
 今また「竜馬がゆく」を読み返している。

 やはり歴史の中でも幕末は面白い。

 話は変わるが大河ドラマ、観るのをやめてしまった(笑)

 どうしても面白いと思えず毎回録画したファイルを開くのも躊躇しているくらいだったので、これはもう苦行のようだと思いいっその事やめてしまえ!と思ったわけである。

 東京オリンピックに合わせてムリクリ作ったような話であるし、やはりサムライが出てこないというのがどうにも我慢出来ずの苦渋の決断ではあった(笑)

 またまた話は変わるが朝の連ドラにパーラーの主人役で出ている加藤雅也の主演で幕末の大河ドラマ撮ってくれないかなぁ。

 今の男優の中でサムライ役の似合う数少ない役者だと思うんだが。

 竜馬をやるには年が年だがそれでも似合うような気もする。

 「竜馬がゆく」もうすぐ第4巻を読み終える。

 あと半分だ。

 楽しみながらじっくり読もう。

 

 

 

 


# by tinysketch | 2019-03-10 16:33 | Comments(0)
2019年 03月 08日

デンマークのパン。

 織本順吉のドキュメント見ごたえがあった。

 老いてなおの役者魂に感動すら覚えた。

 番組中で御大もいみじくも慨嘆されていたが、昨今の役者の質の低下たるやほとんどの日本人が気が付いているのではないだろうか?

 視聴率が落ちるのも無理はないと思う次第ではあるが。

 「今の役者は演技してるんだよ」

 確かに。

 虚構の世界のことであるから「演技」には違いないのだが、それがあからさまに透けて見えてしまっては興ざめである。

 特に自分が最近の役者で嫌なのが、どんな役柄でもしゃべりが全く一緒という点だ。

 ベビーフェイスだろうがヒールだろうが全く一緒では白けるというものだ。

 そんな中でも男女合わせて数人は名優がいるのが救いと言えば救いではある。
a0192963_18453928.jpg
 デンマークのパンと言う名のパン。

 デニッシュ食パン。

 クロワッサンやデニッシュは、ほんのたまにしか作らない。

 ひとえにコストパフォーマンスが悪いから。

 何しろバターをほとんど1箱使ってしまうというのが自分にとっては恐怖以外の何物でもない。

 売り物なら喜んで我慢できるがプライベート用じゃねぇ・・・

 手間も尋常ではないし。

 バターを生地に織り込んでその生地を伸ばして、伸ばしたら織りたたんで冷蔵庫で冷やし、また取り出して伸ばして折りたたんで冷やしてを数回。

 出来上がった生地を細く切り分けて三つ編みにしてようやく二次発酵。

 手間とコストの分美味しい事は間違いないんだけど。

 焼けるときの匂いからして間違いないと感じるくらいだから。

 それでも今年あと1回作るかどうかだな(笑)

 暑くなったら織り込みも大変だし・・・

 


 

 


# by tinysketch | 2019-03-08 19:01 | Comments(0)
2019年 03月 01日

CLOSEするまで。

 今度の日曜日に92才の現役俳優織本順吉のドキュメンタリーがNHKのBSで放送されるのに合わせて、2年前に放送されたその第一弾と言うべき番組が再放送されていた。

 自分は前回放送時にこれを観ておらず今回は見逃すまいと録画しておいたのだが、実に見ごたえのある素晴らしいドキュメンタリーだった。

 番組は織本順吉の実の娘さん(放送作家だとのこと)が制作したものだそうで、その実の娘が向けるカメラの前で恥も外聞もなく己の全てをさらけ出す老いた俳優と、また俳優でありながら実の父親でもある一人の老人の老いの現実を、あくまで淡々と冷静に時に残酷と感じさせるまでに、まんまカメラに収める娘の目線に、何とも言えぬ感情がこちらの胸に沸き起こってくる限りなく切なくも美しいドキュメントに仕上がっていた。

 日々出来る事が少なくなっていく老人としての自分を自覚しつつ、しかしそれを家族に指摘されるとよだれを垂らしながら目の色を変えて叫びだす老人の姿は、冷静に考えるまでもなく決して美しくはなくて時には目をそむけたくなるような様であるのだが、何故か一瞬たりともそこから目を離すことが出来ず、しまいには知らず知らず涙が溢れてきてしまう始末には参ってしまった。

 亡くなった自分の父親がやはり晩年そんな感じだったのを想い出したこともあったのかもしれない。

 同じ男である息子の自分に絶対弱みを見せたがらず、それゆえ頑固にも狭く急な階段で自分の差し出す手を振り払ったオヤジの強張った横顔が思いがけずも目に浮かんだ。
a0192963_21293923.jpg
 昭和の男って面倒くさい(笑)


 


 

 

 


# by tinysketch | 2019-03-01 21:32 | Comments(0)
2019年 02月 27日

久しぶりの付喪神。

 「ワカコ酒」を観ていたら居酒屋のオヤジ役で九十九一が出ていた。

 随分と久しぶりにその姿を目にしたような気もするが、それはバラエティ番組などほとんど観ない自分であるから抱く感想であって、本当は普段から結構テレビに出ているのかもしれない。

 彼の個性は昔からかなり好きだったので思わぬサプライズ(オンナのおばさん?)が非常に嬉しかった。

 ところでワカコが行った高田馬場のあの居酒屋。

 お世辞にもキレイとは言えぬ店構えから見ると昨日今日開業した店とも思えず、かなり以前からあすこで営業しているようだったが自分は知らなかった。

 駅周辺では学生時代かなり呑み歩いたものだが、自分や仲間達の行く店はほとんどはさかえ通り内にあったせいであろうが、その「里」というお店を地図で調べてみたらなんと駅前という好立地で、そのはす向かいのビル内にあった「河童飯店」という中華料理屋にはほとんど毎週のように行っていたので、あの当時からあったとすれば記憶に残っていないだけで一度くらいは目にしたことがあったのかもしれず惜しい事をした。

 もっともあちこちの商店街と同じく、あの頃のお店などはすっかり無くなっているのがホントのところ。

 さかえ通りにもそんなお店は数件しかない・・・

 青森出身のオヤジさんがやっていた美味しいチョリソーが食べられる店ももうすでにないし、クジラベーコンが美味かった、新潟出身のご夫婦(奥さんはいつも和服姿で礼儀に厳しい人だった・・・)がやっておられた富士短大近くの小綺麗な店も。

 一つ事を続けるというのは如何に偉大なことであるか・・・
a0192963_10510746.jpg
 この一週間で焼いたパンはカンパーニュ(2回)と塩パンという相変わらずのバカの一つ覚え。

 でもいろんな副材料入ったパンよりも、小麦粉と塩と、たまにほんの少しの砂糖。それに水だけで(もちろんイーストもだが・・・)焼くパンが好きだ。

 写真はいつも通り天然酵母で仕込んだカンパーニュ。

 ボウルに材料入れたらほとんど捏ねないで、生地をじっくりと育てて翌日に焼く気の長いパン。

 精製した強力粉に全粒粉とライ麦粉を少しづつ混ぜてあるので非常に味わい深いパンで、すこし冷めたくらいのやつ(まさに写真の状態なのだが・・・)を何もつけずに頬張るのが一番美味い。

 どうも年を経るごとに味に変化球はいらないとつくづく感じる今日この頃ではある。

 

 


# by tinysketch | 2019-02-27 11:17 | Comments(2)
2019年 02月 15日

ココアシフォン。

 ここしばらく腰が痛い。

 腰痛はラグビーでスクラムを組んでいた(ポジションは4番左のロック。スクラムの要と言ってもいい。フォワードのなかでも一番腰を使うポジションだ)高校時代からの付き合いになるのでもう旧友のようなものだ。

 その当時は痛くて眠れぬ日もあったからそれに比べれば随分とましになったが、それでも腰が痛いと何かと日常生活に響く。

 まずパンを捏ねることが非常に難しくなるというか実質ムリである(笑)

 手捏ねのパンと言うのは結構な重労働で腰を中心に全身を使う作業になる。それも悪いことに作業中は中腰だったりするからなおさら腰に来る。

 フランスパンなどのハード系のパンは余り捏ねなくても平気なので作ろうと思えば作れるが、普段作っているレーズン食パンなどは思い切り捏ねるので我が家の生産ラインはストップしたままである。

 こういう時はホームベーカリーの生地作りモードというのにいたく惹かれるが、我が家にはホームベーカリーがないのでどうにもならない。

 仕方がないのでケーキを焼く(実は「孤独のグルメ」で松重豊が美味しそうにケーキを食べていたので焼きたくなった)

 今回はココアシフォンケーキ。

 シフォンケーキ作りにはある程度自信があるが、ココアシフォンは結構気をつかう。

 ココアのせいでメレンゲが見る見る目減りしてしまうので時間との闘いであるからだ。

 メレンゲの分の卵白を多めにしてみたり、メレンゲにレモン汁を混ぜて強化してみたりと工夫を重ねてもメレンゲは無情にも溶けていく。

 それでもなんとか焼き上げてチョコクリームでデコる。

 世の中はバレンタインデーだというのに何をしているのやら(笑)
a0192963_09542720.jpg
 先週末に家人と映画を観に行った。

 大泉洋の「そらのレストラン」

 北海道ご当地映画シリーズの第3弾。

 1作目は洞爺湖。2作目は岩見沢。そして3作目の今回の舞台は久遠郡せたな町である。

 主演の洋ちゃんよりも脇のマキタスポーツを楽しみにしていたのだが余り個性が発揮されておらず残念だった。

 大体映画自体もそれほど面白い映画ではなかったし・・・

 マキタスポーツと言えば以前からアンサーソングシリーズの大ファンで、特に「59の夜」は何回聴いても抱腹絶倒の名曲だと思う次第である。

 また彼は非常に文才があり、以前このブログでも書いた稲垣えみ子女史と同じ「AERA」で連載を持っていて、彼女の連載と合わせて毎週欠かさずクスクスしながら読んでいる。

 ギターを新調する際にマーチンじゃなくヘッドウェイを選んだマキタスポーツのアクの強さが今一番アツいかもしれん(笑)

 

 

 

 


# by tinysketch | 2019-02-15 09:57 | Comments(2)
2019年 01月 29日

ドゥーブルフロマージュ

 生意気にも一目見た娘が「あっ、なんとかフロマージュ」と一言。

 さすがに一応女子の端くれと見えて有名どころのスイーツは知っているらしい。

 今回の反省点はいくつかあるが、まずは一番下のスポンジケーキの厚さ。

 YouTubeのレシピ動画では厚さ1cmということだったが、ちょっと薄いような気がして1.5cmにしたけどもっと厚くてもよかったような気がする。

 と言うのも上に乗る生地の重さや水分でスポンジ生地は結構潰され気味になるからだ。

 次回は最低でも2cmくらいにしてみよう。

 あとベイクドチーズケーキの部分はレシピとは違ってクリームチーズにサワークリームを混ぜたのだが、もう気持ちサワークリームが多くても良かった気もする。

 最後にマスカルポーネチーズと生クリームを混ぜた一番上のレアチーズ生地の部分は、余るのがもったいないと思い生クリームをレシピより多めに入れたせいでマスカルポーネの風味が少し弱いような気がした。

 もう50gくらいマスカルポーネチーズを増量したほうがいいかもしれない。

 
a0192963_08224430.jpg
 それでもドゥーブルフロマージュ初体験としてはまずまずの出来ではあった。

 

 


# by tinysketch | 2019-01-29 08:41 | Comments(0)
2019年 01月 27日

ヒカリ。

 今日は娘夫婦が来るというので一昨日よりケーキを仕込む。

 仕込んだケーキは北海道は小樽の名店「Le TAO」名物のドゥーブルフロマージュ。

 一番下にプレーンのスポンジケーキの層。その上にクリームチーズメインのベイクドチーズケーキの層、そして一番上にはマスカルポーネチーズメインのレアチーズケーキの層があり、なおかつ周りはスポンジケーキを「そぼろ状」にしたもので被って仕上げるという、こうやって書いただけでも結構手間のかかるチーズケーキだ。

 以前お土産でもらって非常に美味しかったので、いつか作ってみたいと思ってはいたのだった。

 ちょうどYouTubeにLeTAOのパティシエがレシピを公開した動画が(テレビで放送されたものらしいが・・・)上がっており、それを参考にして作ってみた。

 まぁ企業秘密的なところは当然あるのだろうから、公開されたレシピが即そのまま現物と同じとは自分も思ってはおらず、であるからこちらも適当にアレンジして副材料を付け加えたりしたのだが仕上がりは満足いくものであった。

 写真は撮る暇がなかったので(自然光がすでに間に合わなかった)また明日以降に載せようと思う。
a0192963_15541425.jpg
 ・・・で、娘夫婦だがどうやら息子夫婦の家に寄って甥っ子の顔を拝んでいるらしく、午後4時現在まだ現れない(笑) 


 

 

 

 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-27 16:05 | Comments(0)
2019年 01月 22日

JAS。

 この1月からシーズン4が始まった「ワカコ酒」
  
 昨夜というか今日の放送で、ワカコ行きつけの逢楽で出てきたホッケが非常に旨そうでたまらんかった。
 
 一軒目での分厚いハムカツでの生ビールもよかったけど・・・

 だが、ワカコは「生ビールください」と注文したのに「中生おまちどうさま」と出てきたのがチト気にかかった。

 中生しかない店なんだろうかなんて、年とともに右京さんのように余計な事が気にかかる。

 ところで生ビールって規格がないようで店によって大きさはまちまち。

 「これが大生?中生の間違いじゃないの?」と思われる店があったり「これが中生?大生かと思った」というようなサービスのいい店もある。

 新宿あたりのビアガーデンに行くと決まってバケツのような大生がでてくるし・・・
a0192963_13255096.jpg
 お菓子やパンを作るのに卵は無くてはならぬ材料ではあるが、卵の大きさは農林水産省できちっと規格化されているようだ。

 それによるとL玉とは殻付きの重さが64~70g未満だそうで、この正月にケーキを作った時に我が家のL玉と思われる卵の重さを量ったら、殻無しの全卵の重さが一つ62gぐらいだったので、ほぼこの規格内に収まる感じで納得した次第である。

 ところで最近のゆで卵って殻が非常に剥きにくい。

 一説によると流通経路の発達によって一般家庭に届くのが早くなったためということらしいが、大昔の子供時分に鶏舎で直接卵を買っていたことがあったが、あれくらい早い流通経路も無いと思われるのに、その当時は殻が剥きにくいと感じた記憶が余りないのだが・・・

 まことに不思議ではある。

 


 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-22 13:42 | Comments(2)