オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 22日

JAS。

 この1月からシーズン4が始まった「ワカコ酒」
  
 昨夜というか今日の放送で、ワカコ行きつけの逢楽で出てきたホッケが非常に旨そうでたまらんかった。
 
 一軒目での分厚いハムカツでの生ビールもよかったけど・・・

 だが、ワカコは「生ビールください」と注文したのに「中生おまちどうさま」と出てきたのがチト気にかかった。

 中生しかない店なんだろうかなんて、年とともに右京さんのように余計な事が気にかかる。

 ところで生ビールって規格がないようで店によって大きさはまちまち。

 「これが大生?中生の間違いじゃないの?」と思われる店があったり「これが中生?大生かと思った」というようなサービスのいい店もある。

 新宿あたりのビアガーデンに行くと決まってバケツのような大生がでてくるし・・・
a0192963_13255096.jpg
 お菓子やパンを作るのに卵は無くてはならぬ材料ではあるが、卵の大きさは農林水産省できちっと規格化されているようだ。

 それによるとL玉とは殻付きの重さが64~70g未満だそうで、この正月にケーキを作った時に我が家のL玉と思われる卵の重さを量ったら、殻無しの全卵の重さが一つ62gぐらいだったので、ほぼこの規格内に収まる感じで納得した次第である。

 ところで最近のゆで卵って殻が非常に剥きにくい。

 一説によると流通経路の発達によって一般家庭に届くのが早くなったためということらしいが、大昔の子供時分に鶏舎で直接卵を買っていたことがあったが、あれくらい早い流通経路も無いと思われるのに、その当時は殻が剥きにくいと感じた記憶が余りないのだが・・・

 まことに不思議ではある。

 


 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-22 13:42 | Comments(0)
2019年 01月 17日

高齢化社会の落とし穴。

 今日も今日とて朝から渋谷で高齢者のアクセル踏み間違いによる交通事故のニュース・・・

 最近はこのようなニュースをほとんど数日おきに目にしているような気がするわけであるが。

 だが、この度重なる高齢者の操作ミスによる交通事故報道に関して、なんとも老人いじめのようだと胡散臭く感じるのは自分だけなんだろうか?

 そもそも日本全国で一日にどれくらいの交通事故があるものなんだろう?

 ・・・と、気になってちょっと調べたところ昨年1月では34,599件ということで、1日に換算するとざっと1,000件以上である。

 さて、このうちの一体どれくらいが高齢者の運転ミスによるものなんだ?はたまた若い奴は絶対にアクセルの踏み間違いなど起こさないのだろうか?ということなんだが・・・

 どうにもこの手の報道に意図的なものを感じてしまうわけであり、たとえ一日一件の事故を目にするだけでも、それが数日ごとに度重なれば印象的には「非常に多い」と感じてしまうのは世の常人の常だ。

 ・・・で、そんな報道と比例するように多く目にするのが自動車メーカーの自動運転システムや自動ブレーキシステムのCMなわけで。
a0192963_09200718.jpg
 昨今流行りの、なし崩し的義務法令化なんてことはご免こうむりたいわけである。


 

 

 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-17 09:22 | Comments(0)
2019年 01月 16日

凝る。

 凝り性である。

 昔から。

 今凝っているもの・・・生姜茶(笑)

 去年スーパーで見つけて思わず買ってしまったのだが、これが非常に美味しい。

 白湯にお好みの量を溶かすだけというお手軽さがまた良くて、いつも300mlくらいのマグカップに大さじ1杯分位入れて飲んでいるのだが癖になる美味さである。

 もう半分くらいになってしまったので無くなったらまた買ってこようと思う。

 塩パンにも相変わらず凝っていてこの2週間で作るのも3回目。

 最初は天然酵母を使って焼いて、2回目はインスタントドライイースト。そして3回目はまた天然酵母で焼いてみたがどうやらインスタントドライイーストで十分なようである。

 天然酵母は時間がかかり過ぎるのが玉にきずで、たいして違いがなければインスタントドライイーストで十分ではないかと(笑)

 ドライイーストも通称「赤サフ」というフランスの有名ブランドのものを予備発酵させて使うと匂いなんかまるでしないので重宝している。

 ただ、匂いはきついが国産のインスタントドライイーストの方が発酵時の膨らみは良いのが残念と言えば残念な点ではある(国産も予備発酵させれば臭いはほぼ気にならなくなるけど・・・)
a0192963_15350326.jpg
 そして凝っているといえばクイーン.

 映画を観て以来、スマホの着信音は「We Will Rock You」になった。

 YouTubeに「LIVE AID」の動画があがっていて、映画そのままの映像にまた感動する。単純である(笑)

 「オペラ座の夜」買おうかな・・・

 そういえば少し前にネットで「デジタル時代に一番聴かれているツェッペリンの曲」という集計が載っていて(確かビルボードのやつだったと思うが・・・)
相変わらず「天国への階段」がトップだったのが「なんでかねぇ?」という感じではあった。

 2位が「カシミール」だったのは嬉しかったけど・・・

 ・・・ってこれはNHKの某番組のおかげか?

 

 

 

 

 
 
 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-16 16:24 | Comments(0)
2019年 01月 11日

パンサレ。

 去年、義母の家に行った際に家人の長妹が買ってきてくれたパンが非常に旨かった。

 五反田の「Bread&Coffee IKEDAYAMA」という店のパンで、会社が五反田にある彼女が時々行く店なのだそうだ。

 何種類か買ってきてくれたパンの中で「パンサレ」という塩パンがことのほか美味しくて、いつか自分でも作ってみたいと思っていたのがついそのままになってとうとう年も明けてしまった(笑)

 作る前にまず情報収集と言うことで調べたところ「塩パン」というのが一大ブームになったことがあるらしい。まったく知らんかったが・・・

 その元祖と言われているのが四国は愛媛県の「パン・メゾン」というパン屋さんのものらしくて、去年そのお店が東京浅草に出店してたいそうな繁盛ぶりだとのこと。

 そのお店の塩パンの写真を見たところ「IKEDAYAMA」のものよりもかなり大きく感じた。そして値段はなんと100円!

 「IKEDAYAMA」の「パンサレ」は160円だそうで、さすが高級住宅街池田山値段ではある(笑)

 とはいえ「パン・メゾン」の塩パンは食べたことがないので、どちらがどうかは分からない。

 ・・・で、その「パン・メゾン」では作っているところを外から見られるらしくて是非いつか行ってみたいと思ったのであったが、工程を見ていた人のブログに中に巻き込むバターの大きさがハンパないと書いてあった。マッチ箱ほどもあると・・・

 いくら何でもそこまでは大盤振る舞いできない我が家では、とりあえず1つに巻き込むバターは10g未満ということに勝手に決めて作ってみた。
a0192963_17574087.jpg
 出来上がりを食べてみたが天然酵母のせいかフワフワし過ぎで、自分の食べた「パンサレ」とはちょっと違うように感じた。

 「IKEDAYAMA」のものは食感がもうすこし堅かったように思う。

 そしてバターの量もやはりもう少し多い方がいいみたいだ。

 これはこれで決して不味くは無かったが・・・

 今度はインスタントドライイーストで作ってみようと思う。


 
 

 

 


 

 

 
 

 


# by tinysketch | 2019-01-11 18:05 | Comments(0)
2019年 01月 07日

初焼き。

 今年初めてのレーズン山食を焼く。

 発酵が非常にうまくいったせいか過去最高と思えるような釜伸び具合に感動する。

 こいつは春から縁起がいいってまだ冬だけど。

 熱いうちに全体に無塩バターを塗りつける。

 こうしておくとトーストした時にパンの耳の食感がサクサクと非常に軽くなっていい。

 年末の誕生日に息子(長男)が買ってくれたヨーグルトメーカーのおかげで、この寒い時期に天然酵母の培養が簡単に出来てこれまた感動。

 今年もせっせとパンを焼こうと思う。
a0192963_13375279.jpg
 インスタとか見ていると「ボヘミアンラプソディ」の広告がたびたび入る。

 年末に観たばかりなのでそのたびに「おっ」と指が止まってしまう。

 BGMもこのところクィーンやその当時のロックばかり。

 聴きながら、そういえば武道館で演ったスティクスやTOTO観に行ったなぁ・・・

 ツェッペリンが来たときは小学生だったからまだ聴いていなかったなぁ。あれっきり来日することなかったなぁ・・・などと懐かしむ。

 TOTOとかって産業ロックのあおりを受けて不当に評価されていたけど、ファーストアルバム(自分が一番好き)なんかいいアルバム作ってるよなぁ・・・

 「Georgy Porgy」のブラックミュージック的な感じなんか大好物である。

 デビッド・ペイチっていいソングライターだな。

 TOTOってまだ頑張ってるんだよなぁ。ポーカロ3兄弟は1人になってしまったけどほとんど初期からのメンバーで・・・たいしたもんだ。

  

 

 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-07 14:47 | Comments(0)
2019年 01月 04日

徒然。

a0192963_14060004.jpg
a0192963_14061806.jpg
a0192963_14064140.jpg
a0192963_14065822.jpg
a0192963_14081969.jpg
a0192963_14083747.jpg
a0192963_14085491.jpg
a0192963_14091032.jpg
a0192963_14093060.jpg
a0192963_14094794.jpg
a0192963_14100707.jpg
a0192963_14102524.jpg
a0192963_14151964.jpg
a0192963_14153665.jpg
a0192963_14155522.jpg
a0192963_14161059.jpg
 最後のごまの店は最近やたらとテレビで見かける。

 そういえば「おんな酒場放浪記」にも出てきたなぁ・・・

 義母は池上に出かけるとほぼ毎回買っているようだが、自分は初めて食べた。

 ゴマの風味が利いていてすこぶるウマかった。




# by tinysketch | 2019-01-04 14:21 | Comments(0)
2019年 01月 03日

大国院。

 正月は例年通りみんなで義母の家より歩いて池上本門寺に初詣に。

 御年80半ばになんなんとする義母の相変わらずの健脚ぶりに、必死になって追いすがる中年(もうすぐ老年?)諸氏の我々なのであった。 

 本門寺への道程の途中に自分や家人が中学時代に通学路として毎日通っていた道を通るのだが、その当時は実家が個人商店という友人の家が道すがらに沢山あったものだが、今やほとんど全部の店が影も形も無くなっているのが非常に寂しい。

 あれだけの家族が一体何処へ行ってしまったのだろうか。

 もっとも家人の家などは戦時中からずっと同じ場所にあって、そこから動いたことがないのだが、いまどきそんな家の方が珍しいわけで・・・

 「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし」なわけである。

 徒然草や枕草子、源氏物語など、中学時代に暗記した古典って意外と忘れていない(笑)
a0192963_16441132.jpg
 ついさっきのことは三歩歩いただけで忘れるんだがね。

 

 

 

 

 


# by tinysketch | 2019-01-03 16:45 | Comments(4)
2018年 12月 31日

来し方。

 早いもので大晦日だ。

 今日は朝も早くからケーキを2台焼く。

 明日義母の家へ行くのに「ケーキを持って行く」と言ってしまったのはいいが、冷静に考えると集まる人数に対して1台では足りそうもない事に気が付いたというオチ。

 それじゃあ種類違いを2つ作ろうと、あさイチでまずスポンジケーキを焼いた。

 デコレーションは夜でいいので焼き上がりを冷ましている間に次のケーキを作り始める。

 昼過ぎに焼き上がってひと心地ついたところ。

 ここまでくれば8割方終わったのも同じ。

 
a0192963_13220260.jpg


 帰省する人々はもうあらかた都会から旅立って行ったのだろうか?

 昨日あたりは大きなお土産袋を抱えた帰省客であちこちの駅もにぎわったことと思う。 

 明日になればまた新しい年がやってくる。

 そして春には次の時代も・・・

 残り少ない平成をかみしめるように味わおう。

 皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

 



# by tinysketch | 2018-12-31 15:08 | Comments(0)
2018年 12月 29日

狂詩曲。

 家人が昨日から公開されている大泉洋主演の映画「こんな夜更けにバナナかよ いとしき実話」を観るというので、朝から隣町のショッピングモールのシネコンに出かけた。

 自分はそちらはそれほど観たいとも思わなかったので、代わりに評判の「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた(一緒に行っても別々に楽しめるのがシネコンの利点だ)それも豪華なスーパーシートで(笑)

 公開されて随分とたっており、また朝一番ということもあってか館内はガラガラ・・・右側は自分よりほんの少し年下らしい夫婦だったが左側には誰も来なかった。

 映画的には彼らの歴史をちょっとはしょり過ぎで物足りない面もあったが面白い映画だった。

 ブライアンとジョンは本人のように似ていたがロジャーは余り似ていなかった。

 そしてフレディ・・・

 事前のコマーシャルなどを見る限り基本的には余り似ていないし入れ歯が安っぽいお笑い芸人のようだと思っていたのだが、実際に映画を観ているうちにフレディ以外の何者にも見えなくなってくるのが不思議だった。

 コンサートシーンの音響などはさすがシネコン。臨場感がありこればかりは我が家の安物のホームシアターのシステムでは体感できない。

 この映画は映画館で観ないと駄目だな。

 ラスト近くになるにつれて涙腺が崩壊気味に・・・

 本人じゃないと頭ではわかっていつつも歌声やその姿に自然と涙が頬を伝うのである。

 隣りの夫婦もしきりに涙をぬぐっていた。

 帰ってきてからはお約束のようにCD鑑賞(笑)

 いい映画だったなぁ。もう二度とは観たくないけど・・・

 いい映画はそう何回も観ない方がいいのは鉄則である。
a0192963_15590164.jpg
 もう年末かぁ・・・

 まるで実感がない(笑)

 

 
 

 

 


# by tinysketch | 2018-12-29 16:00 | Comments(2)
2018年 12月 25日

木曽路はすべて・・・。

 静岡の旅をもって平成最後の「こころ旅」が終わった。

 先日の最終回では、正平さんいつになくしんみりとしていて「すわ!!これはとうとう今回でこころ旅も終わりなのか?」といらぬ心配をしてしまったが、番組側からは当然そんなアナウンスはなくホッとした。
 
 ただでさえ観る番組が減っている昨今なのである。

 ニュースやスポーツ以外は「こころ旅」「ブラタモリ」「グレートトラバース」「おんな酒場放浪記」「孤独のグルメ」と1本か2本のドラマ。そして少しの映画。

 世の中は4Kだ5Kだと騒いでいるが、そんなもので好きな女優の痛々しい肌の状態を今以上に鮮明に見たいなどとは思わないし・・・

 そういえば来年から「ワカコ酒」の新シリーズが始まるそうでそうしたら見られる番組も増える(笑)新しい大河ドラマに今一つ食指が伸びないのでこのポイントはデカい。

 もっとも自分は大体が録画して観る派なのでリアルタイムで視聴している番組になるとほとんどない。

 ところで今回の静岡の旅でも相変わらず富士山はその姿を見せてはくれなかった。これはもう天照大神と言っていいくらいである(笑)

 富士山と夕日とお化けは出たためしはないが、それでも最終回はあの天気の中ギリギリで夕日が見られて見事有終の美を飾った。

 心がモヤモヤしていた10才の女の子(チコちゃんではない)もきっと喜んだに違いない。
a0192963_17125424.jpg
 先週末は自分の誕生日とクリスマスパーティを兼ねて家族全員が揃った。

 今年は新たに孫が加わって総勢8名。

 サザエさんの一家より1人多い(笑)

 正月の義母の家ではこれ以上に増えることだろう・・・

 

 

 

 

 

 


# by tinysketch | 2018-12-25 17:14 | Comments(0)