オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 06日

長い影。

 本屋へ行ったら稲垣えみ子さんの新刊が出ていてかなり長い立ち読みをした。

 「レシピがいらない!アフロえみ子の四季の食卓」というエッセイだったのだが、読み始めたらかなり面白くてついつい長居してしまった。

 彼女は雑誌AERAで「アフロ画報」という連載を持っていて、これがまた核心をついたことをズバリと言うので面白くてよく読んでいるのだが、その中にも彼女の食生活についての話が時々出てくる。

 そんな食卓話で面白かったのが、冷蔵庫を捨てたら腸内フローラが理想的になって毎朝バナナのようなうんこが出るようになったという話(笑)

 冷蔵庫で「冷やす」ことが出来なくなったので食糧の保存は漬けたり干したりするしかなくなり、結果理想的な発酵生活を送れるようになったおかげだそうだ。

 そして昔はみなこういう食生活をしていたおかげで腸内がきれいだったのに、文明生活をすることによりこういう昔からの知恵が生活に活かされることがなくなり食卓から発酵食品が消えていったのだと続けている。

 ご存知の方も多いとは思うが彼女は朝日新聞を早期退社するのと同時に冷蔵庫を手放した。

 齢50にして自分の人生を閉じる方向へと舵取りをする手始めだったのだそうだが、50歳にして早くも終活とは少し早い気もするが、そこは人それぞれの人生観であるから他人があれこれ批評めいたことを言うのは失礼であろう。
a0192963_19410644.jpg
 昔は、それもそんな昔ではなく自分らが子供の頃くらいまでは、ことさら「健康!健康!」と声高に訴えなくても十分健康的な生活を送っていたのである。

 今はなんでもビジネスに結び付けるから、健康と言う言葉とは裏腹なことも少し新しい感じや「映え」がすれば結構もてはやされてしまう。

 本末転倒ではある・・・

 

 



 

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-11-06 19:47 | Comments(0)
2018年 11月 05日

参。

 昨日はお宮参り。

 ちょうど七五三と重なってお宮さんは大混雑であった。

 他人の子供は成長が早いというが、もう一ヵ月とは確かに早いものだ(笑)

 帰りに近所に新しいパン屋さんが出来ていたのを見つけた。もともとはコンビニがあった場所で居抜きで開店したようだった。

 「天然酵母のパン屋」と染め抜かれたのぼりがいくつも立っていたので、それに誘われついフラフラと寄ってみた。

 夕方に近い時間だったので商品は少なくなっていたが、先日自分も作った「ベーコンエピ」があったので試しに買ってきてさっそく食べてみた。

 不遜にも「自分の作った奴、結構イケてんじゃね?」と思ってしまった。

 やるか?パン屋(笑)
a0192963_20170929.jpg
 「そんなに甘いもんじゃありまへんでぇ・・・」と天の神様に怒られそうだ・・・

 当たり前であるがプロの世界は厳しいのだ。


 

 
 

[PR]

# by tinysketch | 2018-11-05 20:24 | Comments(0)
2018年 11月 02日

無人の世界。

 さすがに夜は寒いが・・・

 いつの間にやらすっかり毛布を掛けて寝ているこの秋である。

 今朝のニュースもたまげた。

 前夜にワイン2本とビール数本あけた副操縦士が、ほとんど酒酔い状態でフライトしようとしたそうで・・・

 こういうニュースを観ると飛行機嫌いの自分などはますます飛行機に乗るのが嫌になる。

 それも搭乗前のチェックをスルーパスしていたというのだから恐ろしい。

 このところ航空機やヘリコプターの事故が相次いでいたにもかかわらず、その危機感の無さにはあきれかえるばかりだ。

 氷山の一角でないことを願うばかりであるが・・・

 車においても相も変わらず酒酔い運転による重大事故が絶えない。

 巷ではアルコールを検知したらエンジンがかからない装置もあるらしいが、運輸業界などの一部にしか普及していないらしい。

 これだけ社会問題化しているわけであるから自動車メーカー自身が開発普及を急いでもらいたいものだ。
a0192963_16143779.jpg
 自分は少し前までは、人減らしを加速するであろうこの写真のような無人運転の電車や自動車の自動運転の技術自体に懐疑的であったが、最近の人間力の凋落ぶりを見ていると、およそこの世で一番信頼できないのはいよいよ人間になってきたという考えにシフトせざるを得ない気がしてきた。

 機械はついふらふらとアルコールの誘惑に負けるなんてことないもんなぁ・・・

 いよいよ人間自体が邪魔な時代に入ってきたような気もする。

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-11-02 16:27 | Comments(0)
2018年 10月 30日

かげろう。

 朝のニュースを観ていたら「#工場萌え」で炎上謝罪って・・・

 何のことかと思ったら東電さんのポカだったらしい。

 笑うどころかあきれて開いた口が塞がらないという感じであったが、今の日本人のバカさ加減を集約したようなタイムリーなニュースではあった。

 しかし恐らく日本でも一流と言われる最高学府を卒業して、世界に名だたる一流企業に就職した方々のサル以下と思えるような想像力の無さには「大学なんてなんの役にも立たないな」と思わざるを得ない。

 あれを投稿した社員の頭には「これはさすがにヤバいぞ」という考えが露ほども浮かばなかったのだろうか・・・

 東大や慶応ボーイの破廉恥な事件も記憶に新しいが、いとも簡単に女性に暴力をふるうような輩はいったいどんな教育環境で育ってきたのだろうか・・・

 自分たちが育った中学生や高校時代がまるで夢や幻、かげろうのように思えてきてしまう。
a0192963_16301724.jpg
 海外のサイトで様々なランキングを載せている所があり時々覗いているのだが、「嫌いな国」のランキングで日本がベスト10以内に入っていたことがあった。

 今は20位くらいだったか・・・

 ぶっちぎり上位は定位置のようにアメリカ、中国、韓国、北朝鮮などが占めているのだが・・・

 アメリカのポチの日本が上位に食い込んでくる日も近いかもしれない。

 先日の渋谷での騒ぎなどを見ているとバカの集団心理ほど怖いものはないと思うのである。
  

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-30 16:43 | Comments(0)
2018年 10月 27日

開けて閉める。

 録画しておいた洋画を何本か観た。

 観たといってもそのうちの2~3本は始まって10分位で嫌になって消したのだが・・・

 映画において導入部とラストシーンというのは肝だ・・・と常日頃自分は思ってはいるが、こんなことはわざわざ言い出すまでもなく当たり前のようにも思う。

 ところが最近の映画はこれをないがしろにしている作品が少なからずある。結構話題になっているような作品においてさえ。

 中には最後まで観たのに、何年かたったあとにラストシーンを思い出そうとしても思い出せないような作品もある。

 特に導入部は大事で、ほんの数分観ても明らかに面白い作品とそうでない作品には大きな差があり、前者に関してはたとえ数年たってその映画のタイトルさえ失念していたとしても、導入部を観ただけですぐに「あっ、これ観た事ある映画だ」と思い出すことが出来る。

 つかみは何事でも大事なのであるが、だからといって導入部の秀逸な映画のラストシーンがすべて素晴らしいかと言うとこれはまた話は別で、うまく前後でバランスのとれた作品もあれば尻すぼみのようなモノもあるので映画と言うのは本当に難しい。

 ところで最近観た何本かの映画の導入部やラストシーンで目立つ共通点があったのだが、それはドローンによって地形をデザイン的に捉えるという手法だった。

 かつてはヘリを飛ばさなければ撮影出来なかったような映像も、安価に手軽に撮ることが可能になったことのある意味弊害だと思うのだが、特徴的な映像ゆえに1本観た後に別の作品で同じような絵面を見せられるとどうしても後者の方が陳腐に見えてしまう。

 たとえ後者の方が先にその手法を使っていたとしても。
a0192963_16411530.jpg
 特徴的なラストシーンといってすぐに思い出すのは「風と共に去りぬ」のラストシーンだ。

 「そうだタラへ帰ろう」と言って生まれ故郷に帰ってきたヴィヴィアン・リーが懐かしい大木の下に立つと、カメラが引きながら上昇して彼女の生家が丘の向こうに見え始める。そしてあのマックス・スタイナーの名曲がひときわ大きな音で流れ始める。

 映画館でも観てその後レンタルビデオの頃から借りて観続けてきたが、それでも飽き足らずにだいぶ前に市販のDVDを買った(笑)

 何回観ても飽きることのない名作である。

 今のCGまみれの映画とは違う骨太さを感じさせる映画だ。

 いやぁ~映画ってホントにいいものですねぇ・・・



 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-27 16:53 | Comments(0)
2018年 10月 25日

孫の手。

 もう10年以上前のこと。

 当時、一番上の娘さんに子供が出来たばかりの師匠と酒を呑んだ際に、「孫は可愛いいぞぉ~」と目を細める師匠に「先生もおじいいちゃんかぁ・・・」と、少し不思議と言うか一種独特の感慨を持った自分がいた。

 その頃自分は40代半ばで一番上の娘も高校に入るか入らない頃。一番下の息子はまだ小学生だった。

 仕事で使っていたカメラはNikonのD2X、画像処理はPowerMac G4でやっていたような・・・

 当然、孫なんて全く意識の底にもないような自分ではあった。

 当時師匠がいくつだったのかと考えたが、確かタモリと同級生だと言うのが師匠の口癖だったから60ちょうどくらいだったのだろう。まさしく今の自分と大して変わらない年であったのだ。

 はぁ・・・光陰矢の如しですなぁ・・・
a0192963_17193169.jpg
 そして今、自分に孫が出来て「自分だったら酒の席であんなに相好を崩してジジバカはさらさないだろうな」という、ある種上から目線の思いを持ったのも事実で、やはりあの時の師匠はたいそう酒に酔っていたのではないかと思う次第ではあるが。

 まぁブログにこんな写真貼り付けてる段階で「何をか言わんや」ではあるが・・・

 身内向けの業務連絡ということで勘弁願いたい(笑)

 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-25 17:33 | Comments(2)
2018年 10月 24日

bowl。

 「山具は取ってきて、パンをおやつにしよう」

 映画「リトル・フォレスト」で薪ストーブでパンを焼き上げた橋本愛が言うセリフ。

 何年か前に初めて映画を観た時にこのセリフの意味がどうしても分からずにヤキモキした。

 先日、原作を読んでみたら「山グワ獲ってきて、パンをおやつにしよう」となっていて「「あぁクワの実ねぇ!」と疑問が氷解してスッキリとした気分になった。

 山で使う道具でも取りに行くのかとまで思っていたので(笑)ホントスッキリしたぁ。

 日本語ってこういうことがあるからやはり難しい外国語なんだと思う。
a0192963_17355004.jpg
 ボウルとボールだって紛らわしいもんなぁ・・・

 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-24 17:36 | Comments(0)
2018年 10月 23日

競合。

 なんの世界でも昔からライバル同士と言うのは存在しているものだ。

 それは自他ともに認めるという場合もあれば、世間一般の見方として「どうしてもそうあって欲しい」と言う場合もあるわけで・・・

 巨人に対する阪神。ジャイアント馬場に対するアントニオ猪木。北の湖に対する輪島。ビヨン・ボルグに対するジョン・マッケンロー。ザ・ビートルズに対するローリング・ストーンズ。ドリフターズに対するクレージーキャッツ。小林幸子に対する美川憲一。ジェームス・ハントに対するニキ・ラウダ。マルボロマクラーレンに対するフェラーリ。ギブソンに対するフェンダー。キャノンに対するニコン。マンチェスターUに対するマンチェスターC。錦織圭に対するジョコビッチ。明智小五郎に対する怪人二十面相。星飛雄馬に対する花形満。ケンシロウに対するラオウ。オールブラックスに対するワラビーズ。VHSに対するベータ(ベータの方が圧倒的に画質良かったのに・・・)
スターバックスに対するタリーズ。富士そばに対するゆで太郎などなど・・・

 過去から現在まで連綿とその切磋琢磨の歴史は続いているわけであるが、最近はその世界も様変わりしているようで・・・

 例えば食品ラップ。一昔前はサランラップが王道でそのすぐ後をクレラップが追うというような構図だったと思うのだが、一時期クレラップの方が品質が良くなってきて我が家ではそちらに鞍替えしたことがあったが、最近はどちらの品質も同じように悪くなってきているのでどちらを買っても変わらなくなった。

 切磋琢磨して悪くなっているんではどうしようもない(笑)

 かと思うと・・・自分は髭剃りはカミソリ派なのであるが、最近は替え刃式の替え刃の値段が驚くほど高くて、替え刃を止めて使い捨てのカミソリを買うようにした。

 ・・・で一時期その品質の差を確認するために大手2社のものを比べてみた。大手といえばシックとジレットなわけであるが、これはあくまで自分の感想であるが、圧倒的にシックの方が剃り心地が良かった。

 ヘッドや持ち手の大きさもシックの方が大きくて持ちやすく剃りやすいのである。切れ味もおろしたてのカミソリで明らかに差が出るほどで、正直これだけの差が出るとは思わなかった。

 実はこのシックの使い捨てカミソリは全く同じものが星野リゾートのアメニティとして使われており、さすが星野リゾートだと思った次第ではある。


 ぜひジレットにはライバルとしての意地を見せて頑張ってもらいたいものである。
a0192963_16011505.jpg
 このスターバックスのちょっと先にタリーズならぬコメダ珈琲があってこの時はそちらに入った。

 スターバックスは何度も利用したことがあるがコメダ珈琲はお初だった。

 個人的には圧倒的にコメダ珈琲の方がいいかな・・・

 
 

 

 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-23 16:14 | Comments(0)
2018年 10月 20日

In The Light。

 もう3週間ばかりCDプレーヤーのターンテーブルには「PHYSICAL GRAFFITI」が入りっぱなしである。

 ツェッペリンの中でも一番好きなアルバムであるから今まで何回聴いてきたかわからないが全く飽きない。

 一枚目のA面をかけるときにはアナログレコードを最初に聴いた時の高揚感を想い出すし、発売前に「MUSIC LIFE」や「MUSIC MAGAZINE」の広告ページに載っていたジャケット写真に興奮していたことも昨日のことのように覚えている。

 当時(中学から大学にかけて)彼らのアルバムほど新譜が楽しみなグループもいなかった。

 特にこのアルバムはリアルタイムで彼らの音楽に触れた最初の作品であったから感慨もひとしおである。
a0192963_19323255.jpg
 先日書いた玉置浩二の話にも通ずるものがあるが、音楽に関してはヘタウマというのが嫌いな自分ではある。

 ミュージシャンがこの世で一番格好が良い生業であると信じているが故、確固たる実力に裏打ちされた「ヘタウマ」ならまだしも雰囲気だけの「ヘタウマ」なプロというのが怖気をふるうほど嫌いである。

 そういう意味ではツェッペリンは自分にとって完璧に近い存在であった。

 日常から解き放って浮遊感を味合わせてくれる音楽って少なくなったなぁ・・・

 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-20 19:45 | Comments(4)
2018年 10月 17日

Breakfast。

 「やだこの人気持ち悪い・・・」

 朝のニュースを観ていた家人がそう言った。

 それは廃業した五反田駅前の老舗の旅館(以前自分も撮影をしてこのブログに載せたことがある・・・)を舞台にした詐欺事件のニュースで容疑者の女が警察車両で護送されるシーンだったが、刑事のとなりでしっかりとテレビカメラに顔を上げて楽しそうに笑っている姿は確かに不気味でホラー映画めいていた。

 だがこういうシーンを最近は実に多く目にする。

 人の目を全く気にしないというか、自分だけの世界の中で生きているというか。

 そしてそれは事件の容疑者ばかりか、一見普通に見える一般の人々の間にまで蔓延しているようで・・・

 8月の台風の時のニュースだったと記憶しているが、新宿駅前で中継をしているアナウンサーのすぐ後ろでじっとカメラを見つめる人物がいた。

 カメラマンがそれを嫌ってレンズを振ってフレームアウトさせようと試みるのだが、その人物はその動いた先に同じように表れまたカメラを無表情に凝視していた。

 そんないたちごっこが数回続いた後、カメラマンも業を煮やしたと見えアナウンサーを捉えるのをあきらめて大きくカメラを振って改札口に向けたのだが、その人物はまたもや走ってフレームインしてきた。

 この頃には観ているこちらも苦笑いを通り越していい加減気持ち悪くなってきており、カメラマンも最後は諦めてカメラを上に振って行先表示板を撮影していたが、こういう所かまわずという感覚が昭和のオヤジには理解できずに途方に暮れる。

 以前、人身事故の現場でスマホのカメラを向ける人が余りにも多いので、駅員が「撮影はおやめください」というアナウンスをしたというニュースも流れていたが、これに至ってはただのバカの集まりとしか思えない。

 世の中どうなってんだか・・・
a0192963_10111274.jpg
 そんな理解不能なニュースを観ながらエピで朝食。

 こういう時代。

 よほどしっかり自分と言うものを持っていないと、気持ち悪い流れに持っていかれそうで不気味だ。

 すべての分野で右へ倣えが余りにも多すぎると思うのだが。


 

 

 

[PR]

# by tinysketch | 2018-10-17 12:00 | Comments(0)