オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 19日

掘り出し物。

 今はインディーズレーベル出身のアーティストが当たり前の時代だ。

 一昔前、大手のレコード会社に所属していなければ楽曲を世に問う事もできなかった事と比べると隔世の感がある。

 そんな中サトウヨシアキというアーティストを知ったのは、水曜どうでしょうの有名企画である原付西日本のDVDの中でだった。

 テレビでの本放送の際には違う楽曲(映画の主題歌にもなった誰でも知っているメジャーな曲だ)が流れていたのだが、DVD化の際に版権の問題なのかほとんど無名の彼の唄に差し替えられた。

 ところがその無名なはずの彼の楽曲が非常に良かった。

 なんなら本放送時に使用されたオリコンの大ヒット曲よりも・・・
a0192963_16471339.jpg
 世に埋もれた才能があまたあるということは理屈としては理解しているつもりだが、実際自らその才能の一端に触れてみなければそれはただの理屈で終わってしまうだけだし、だからと言って我らがそれに触れるためには世に言う「事務所の力」の作用がデカいことは悲しいかな現実である。

 「売れればいいのか」というのは良く引き合いに出される禅問答であるが、世に作品を問う以上売れるにこしたことがないのは当然と言えば当然。

 今時、SNSをやっているトーシロだって一獲千金を夢見ている。

 写真なんてその最たるもんである。

 そんな市井の才能がポッと出てくることが出来るのはある意味非常に喜ばしい時代である。

 だからサトウヨシアキの認知度はもっと上がってもいいと思うわけなのであるが・・・

 掘り出しモノには違いない。

 

 

[PR]

by tinysketch | 2018-05-19 17:20 | Comments(0)


<< 在りし日になる。      葡萄。 >>