オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 20日

在りし日になる。

 オリンピックを2年後に控えて都内はあちこちで工事が行われている。

 そこでは古いものが次々と壊されて新しいものへと変わってゆく。

 取り壊しの決まった公営住宅から立ち退きを迫られる高齢者や、道路拡張のために地元で長いこと商売を続けてきた店を閉めざるを得ないケースも多いらしい。

 大きな金のなる木の前では個人の感情や思惑、生きがい、よすがなどはひとたまりもない。

 VIVA!!民主主義である。
a0192963_07334747.jpg
 そう言えば「歴史と季節の国」と唄ったのは正やんだったな。

 

[PR]

by tinysketch | 2018-05-20 07:35 | Comments(0)


<< 絹織物的。      掘り出し物。 >>