オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 26日

昔々。

 日曜日に家人と娘と3人で映画「焼肉ドラゴン」を観てきた。

 大泉洋ファンの家人から以前より「観に行こう」と誘われていたのだが、ちょうどその日は娘婿も即応予備自衛官の朝霞駐屯地での訓練最終日(年間30日の訓練が義務付けられており、その分の補助金が本人が勤務する企業にも支払われているそうだ)で、土曜日から泊まりに来ていた娘も仕事が休みとのことで一緒に観に行った。

 10年くらい前に演劇用として公開されたこの作品について自分は全く予備知識もなしで行ったので、「洋ちゃんも出ることだしどうせ人情喜劇の類だろう。大体タイトルからして変だもの。燃えよドラゴンのパロディか?」なんてたかをくくっていたのだが、あにはからんやかなりシリアスな内容の作品であった。

 大阪万博の頃の大阪を舞台にして、時代に翻弄される在日朝鮮人一家の姿を描いた物語で、取りあえず自分にとっては今年観た映画の中でかなり上位に食い込む秀作であった。

 なにより、キャストは全員日本人だろうと思っていたら、ふだん韓国の映画やドラマでよく見る有名な脇役俳優達が出ていたのには驚いた。

 もちろん笑いもあるのだが最後の方は涙なしでは観られない感じで、周り中からすすり泣きが聞こえてくるほどだった。

 もちろん最近とみに涙腺の弱い私も、つぶらな瞳から美しい一筋の涙を流しましたがね。
a0192963_13324426.jpg
 ところで「半分、青い。」の問題のプロポーズシーンですが、ネットニュースによると「連ドラ受け」で有名な「あさイチ」で、司会の博多華丸も自分と同じ感想を述べていたようで。

 我が家は連ドラはBSの方で早い時間に観ているので、受けの「あさイチ」を観ることもなく知らなかったが・・・
 
 そしてその華丸の意見に対して脚本家の北川悦吏子が「リツは鈴愛に会えたらプロポーズをしようと思っていたのです」とSNSで素早く反応したらしいが、やっぱりおかしいだろそれって。

 男がそんな占いじみた女々しい願かけするか?

 どう考えてもそれって女の感覚だよなぁ・・・

 でもまぁ原作者にそう言われたらグゥの音も出ないというのが悔しい所ではありますが。

 でもやっぱりおかしいよなぁ・・・

 牛肉買いに行ったついでに隣の八百屋でもやしを見つけて「そうだ!今日は焼肉にしよう」的な?人生の重大事をそんなついでに決めるなんて(笑)

 

 

 


[PR]

by tinysketch | 2018-06-26 13:49 | Comments(0)


<< 本当に要らないモノ。      渡良瀬渓谷でいきなりプロポーズ... >>