オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 07日

薫。

 紅茶シフォンケーキを作り始めた頃のこと。

 何度作っても理想とする仕上がりにならずいい加減嫌になった。

 茶葉の量を変えてみたり、茶葉そのものを変えてみたり、茶葉だけでなく紅茶リキュールを混ぜ込んでみたりと、思いつくだけの手段を講じてみたにもかかわらず、焼き上がったケーキからは思うような紅茶の薫りがたってこなかったのである。

 そんなある朝。コーヒーを飲もうと豆をミルにかけていた。

 いつものように10秒カウントして蓋を開けるとコーヒーのいい香りが漂った。

 そこでふと思いついた。

 「茶葉をミルにかけたらどうなるんだろう?」

 思いつけば簡単なことながら、それまで一度だってそんなアイデアは浮かばなかったのに・・・

 試しに分量の茶葉をミルにかけてみた。

 蓋を開けると茶葉は完全に粉状になっていた。

 半信半疑でその粉を生地に混ぜ込み焼いてみた。

 焼き上がったシフォンケーキからなんとも言えないふくよかな紅茶の薫りが漂ってきた。

 それはまさに自分の理想とする紅茶の薫りで、それ以来自信過剰と言われようが紅茶シフォンケーキに関しては絶大なる自信を持ってしまった(笑)
a0192963_11041635.jpg
 その絶大なる自信に裏打ちされたアールグレイシフォンケーキサンド。

 今回はMONINのキャラメルシロップを大匙1杯だけ混ぜてみたのだが、もう少し多くても良かったかもしれない。

 生地に混ぜる水分だが、もっちりさせたければ牛乳や豆乳が良い。

 あくまでフワフワを目指すなら絶対にただの水の方が良い。

 そして限りなくフワフワにしたいのならば炭酸水がおススメである。

 今回はサンドにするつもりだったので炭酸水で作った。

 チョコクリームが紅茶の薫りにとても合って、満足のいく仕上がりになった。

 

[PR]

by tinysketch | 2018-07-07 11:13 | Comments(2)
Commented by vibrato74 at 2018-07-07 14:22
美味しそう!これは道の駅で売るしかない!
Commented by tinysketch at 2018-07-07 20:33
道の駅って(笑)
微妙な線ついてきますなぁ(笑)


<< 鬱陶しい。      月齢14を過ぎたあたりの。 >>