オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 29日

酵母。

 パン用の自家製酵母を培養している。

 今までは何の疑問もなくドライイーストでパン生地を発酵させていた。

 多少高価なことを除けばドライイーストは確かに優秀な酵母である。

 第一にお手軽である。

 塩との相性にだけ気を遣えば大さじに満たない量でも気持ちよくパンが膨らんでくれる。

 使用した後に後継ぎで酵母を培養させる必要もない。

 唯一その不快な香りだけがパンの魅力を削いでいる事を除けば(パンを焼くようになって初めて気が付いたのだが、自分がそれほどパンを好きじゃなかった理由はひとえにこのイーストの匂いだったのだ・・・)
a0192963_10383245.jpg
 ネットの情報や本屋で立ち読み(笑)した結果、手始めにはレーズン酵母が簡単で良いとの結論に達した。

 だがあいにく我が家に在庫してあるのは食パン用のオイルコートされたレーズンだけだった。

 残念ながらオイルコートされたレーズンでの酵母作りはほとんど不可能らしい。

 仕方なくオーガニックのレーズンを買ってきての事始めとなった。

 作り方は簡単そのもの。

 レーズンと水と砂糖、これだけを容器に入れ毎日新鮮な酸素にふれさせて瓶を攪拌させるだけ。

 本日で3日目であるが、瓶を振るとシュワシュワと炭酸ガスの音がするようになった。

 あと2~3日で酵母液は出来上がると思うがそれで終わりではなく、そこからこの酵母液を原液とした中種(小麦粉と混ぜて発酵させたもの)の育成をすることになる。

 それにも4~5日はかかるようであり、自家製酵母のパンの焼き上げにはまだ少しの時間が必要だ。

 それでもネットなどの情報から、自家製酵母によるパンの美味しさが尋常ではないことを知り、ただひたすらその最初の一口の幸せのための日々である。

 


 
 

 

[PR]

by tinysketch | 2018-07-29 11:00 | Comments(2)
Commented by elliejane at 2018-07-29 12:12
料理・・と言うより・・
どちらかと言えば・・理科の実験みたいですね(笑)
だから 料理・・って 男性の方が ハマりやすいんでしょうね
Commented by tinysketch at 2018-07-29 17:52
実験くんですかぁ(笑)
言いえて妙ですね。
確かにそんな一面があるかも。
でも最近は「リケ女」が流行りですが。


<< 湧き上がる。      まとわりつく大気。 >>