オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 23日

Googleのような。

 名前のベーグル。

 一時期は異常に流行っていた。

 もともとは東欧諸国のユダヤ人が食していたものだとか。

 焼く前に茹でるというトリッキーな作り方にさえ慣れてしまえば作るのは非常に簡単なパンだ。

 混ぜ物も少ないし(小麦粉と塩と砂糖、イーストだけ)発酵時間も短く焼き時間も短いので「あっ」という間に出来上がる。

 その分アレンジは作る人次第なので広がりがあって楽しめるパンだ。

 もちろんプレーンなままでもカリッとした外側とモッチリした内側の食感を十分に楽しめる。

 写真のベーグル。

 もうすでに全て家族たちの腹の中に納まって影も形も無い。

 ホントに食うのは一瞬だ。
a0192963_15580467.jpg
 そう言えばウチのアサガオ。

 明日あたりようやく咲きそう(笑)

 今年は植えるのが激しく遅かったのでご機嫌を損ねたのか、芽が出てツルも順調に伸びたのに全く花の咲く気配がなかった。

 まぁこの分だと花が咲いても1~2回でおしまいという感じだろうが・・・

 それにしても、たかが種なのに植物の体内時計ってすごいな。

 

 

 

 

[PR]

by tinysketch | 2018-08-23 16:37 | Comments(0)


<< 絶賛猛暑継続中。      パンを分け合う人たち。 >>