オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 07日

遠くから蝉の声が。

 北海道が大変なことになっている。

 妹夫婦の住む旭川でも昨日は終日停電で夜はランプの光で過ごしたそうだ。

 しかし考えれば考えるほど不思議な今回の停電。

 本州ではまず考えられない停電の仕方だと思うのだが・・・

 震源地から旭川なんて直線距離でも100km以上ある。

 北電って一体どんなシステムで送電しているんだろうか?

 あれだけの面積の土地において、それぞれ分離したシステムで動いていないライフラインなんて危険極まりないではないか。

 ひとついかれたら全部いかれるなんてリスクマネージメントがなっていないにも程がある。
a0192963_15320698.jpg
 つくづく真夏や真冬じゃなくてよかったと思う次第ではある。


[PR]

by tinysketch | 2018-09-07 15:33 | Comments(2)
Commented by elliejane at 2018-09-07 17:24
北海道の真冬だったら 死者も出たかも?!・・ですよね
北海道全体が揺れた地震・・って 考えただけでも怖いです
ご実家の方が無事のようで 何よりです
Commented by tinysketch at 2018-09-07 17:37
間違いなく出ていますね。
特に入院中の老人などは危なかったでしょうね。
もうすでに日本中どこへ行っても揺れるんですね。
思わず「日本沈没」を思い起こしてしまいました。


<< 暑い日。      すが立つ。 >>