オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 03日

造花。

 自家製酵母でのパン作りを相変わらずやっている。

 昨夜もレーズン酵母でカンパーニュを焼いた。

 とは言っても自家製酵母オンリーというわけでもなく、ある時はインスタントドライイーストを使ったり、ある時はドライイーストを使ったりと、自家製酵母に特別にこだわっているわけではない。

 ・・・で、ここまで自家製酵母でパンを焼いてきて思ったのは、「普通に美味しいのは美味しいけど、でもだからといって自家製酵母で焼いたからめちゃくちゃ美味いパンが出来上がるというわけでもないんだ」ということ(笑)

 特に昨夜使ったレーズン酵母などはそれほどパンに合うとは思えない。(ジャムパンのような甘い菓子パンとかには合うのかもしれんが・・・)

 特に焼き上がり時は香りが立つので、酸味は無いにもかかわらず舌が酸味を想像してしまう。冷めると小麦粉の匂いしかしないのだが。

 健康ブームのこのご時勢でオーガニックやヴィーガンが流行っているのと同じように、信仰のような自家製酵母礼賛が雰囲気としてあるんではないかと、ふと思ってしまうのである。

 確かに酵母を育てる過程などは時間もかかり手間もかかるわけで、出来上がった時にはそれなりの達成感があって作業自体は楽しいのは事実だ。

 花や果実、野菜などを種や苗から育て上げ、その出来上がりをめでたり収穫したり、または何日もかけて少し難しいプラモデルを作り上げた時に感じるような気分の高揚(自己満足に近い・・・)は十分感じるのだが・・・

 でもだからドライイーストで焼いたパンが全くダメかと言うと全然そんなことは無く、それなりの手順を踏んで作ればドライイーストのパンだって美味しい。

 それに「自家製酵母で作ったパンが一番。それ以外は不味くて食えん!」なんて言っていたら、世の中のパン屋さんはほとんど店を閉めなきゃならなくなるだろうし。

 大体、自家製酵母で毎日パンを焼きあげて、せっせとインスタに投稿しているマダム達に多く見られる「うちの子供はパン屋さんのパンよりずっと美味しいって言ってます」とか「家族一同食べ始めると止まりません」だとかいう身内からの賛辞をあたかも世の中全ての意見のように紹介してしまうその意識に「あぁニッポンも変わったもんだねぇ・・・」とひたすら寂しく感じてしまう今日この頃である。

 ほとんどの家族は普通の味だったら「ママの作ったものは美味しい」と言うに決まっているだろう。

 犯罪だって身内の証言は・・・まぁ・・・いいか(笑)

 自分だってそういう時はあるしな(笑)
a0192963_14595203.jpg
 造花には造花の良さもある。

 まぁ言い方は乱暴だがそんな感じか・・・

 写真の花は造花ではありませんが造花のように見えたので思わずシャッターを切りました。

 



 

 

 


by tinysketch | 2018-10-03 15:45 | Comments(2)
Commented by elliejane at 2018-10-03 21:05
う~ん 確かに 唐突過ぎて・・不自然な感じがしますね
なぜ 此処に・・ハツユキカズラ?!(笑)
Commented by tinysketch at 2018-10-03 21:58
これハツユキカズラって奴なんですね?
さすがですねぇ(笑)
ホントに唐突です。狙ったように。
マジで造花?って思いました(笑)


<< 懐かしい雲。      「安穏と生きてんじゃねーよ!」... >>