オリコウカメラ。

tinysketch.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 26日

オーストラリアン・プリザーブドフラワー。

 以前仕事をさせていただいたプリザーブドフラワーの先生から「お久しぶり。お元気で出いらっしゃいますか?それはよかった。ちょっとお願いしたいことがあるから貴方お教室にいらっしゃいよ」とお誘いがあり、出かけて行ったのが先々週だった。

 御年70半ばになられる先生はお変わりなくお元気なようで、相変わらず展示会や講習で日本のみならず世界中を忙しく駆けまわっておられるようだ。

 気功の達人でもいらっしゃるので、毎回お会いするだけでこちらにもパワーが伝わってくるような気がして明るい気分になる。

 初めてお会いしたのは4年前の夏、三軒茶屋のファミレスでの作品集の本の打ち合わせであったが、その初対面から今に至るまで何一つ変わることのない品の良さである。

 「金持ち喧嘩せず」という言葉そのままで、さすがお金持ちはちがうと感心させられる(笑)
a0192963_20393114.jpg
 今回の講習は季節柄クリスマスの飾りつけだったので、素人の自分にも見ていて楽しいものだった。 

 生徒さんの中でも上級者はあっという間に素晴らしい作品を作り上げる。初級者が作りながらあれこれ迷っているのに、上級者は作り始める前にすでに頭の中で作り上げてしまっているように手先に迷いがないので、見ているこちらにも明確に目指すところが伝わってくる。

 これはどんな世界でも変わりはない。

 それにしてもただ蔓を編んだだけの土台がきれいに飾り付けられてそれはそれは立派なクリスマスリースになっていく様はひじょうに興味深かった。
a0192963_17152209.jpg

 

 
 


 


by tinysketch | 2018-11-26 13:47 | Comments(0)


<< 握りしめた手。      ステレオタイプ。 >>